« 日豊本線配線図 その13(延岡) | トップページ | 日豊本線配線図 その15(旭ヶ丘~門川) »

2024年3月27日 (水)

日豊本線配線図 その14(南延岡)

日豊本線の配線図のご紹介の続きです。
第14回目は南延岡駅です。

 

最初に国土地理院の空中写真で南延岡駅周辺の広い範囲を見てみます。
10cku7410c2219c2319197502npmn
・CKU7410-C22-19・C23-19(1975年2月)を加工したものです。
・写真の右が南延岡駅で、左側の大きい工場は旭化成です。このあたりは延岡駅とよく似ています。

 

配線図です。最初は1958年6月です。(※1)
133195806npmn
・全体の線路配線の雰囲気も延岡駅とよく似ています。
・大きな違いは車両基地があることでしょうか。1968年3月時点では南延岡機関区と大分運転所南延岡支所が設けられており、機関区にはD51が15両、86が3両、C12が2両、キハが9両、支所にはスハフが2両、スエが1両配置されていました。本線用のほか、日ノ影線と細島線用の車両を受け持っていたようです。

 

続いて1974年6月です。(※2)
19740637npmn
・ホームに面した1~3番線には、上下どちらの列車も発着できます。このあたりも延岡駅と同様です。
・このほか貨物5番線も本線です。また8Rがどの線路に対するものなのかがよくわかりません。
・少なくとも1975年10月及び1983年12月の時点では南延岡駅は地区指定ヤードに指定されており、貨車操車場としての役割を担っていたようです。
・専用線を除く一般車扱貨物の取り扱いは1978年4月に廃止されました。
・車両配置の関係では、
  1971年3月時点では支所はスエのみの配置となっている。
  1975年3月時点ではSLは全廃されている。
  1984年3月時点では支所が廃止されている。
  1987年3月時点では機関区は存続、DCが配置されている。
といった状況です。

 

続いて最近の様子です。(※3)
20200036npmn1
・線路名称は便宜的なものです。
・前回の記事でご紹介した動画には南延岡駅での入換シーンもあります。
  https://www.youtube.com/watch?v=nvQwpjyGVl4
EF81がコキを引いて2番線に到着→推進で上り入換線→貨物4番線→機関車解放
続いて旭化成からコキが入換動車に押されて貨物5番線へ→動車解放→引上げ→貨物4番線→コキに連結→コキを引いて旭化成に戻っていく
動画はここまでですが、おそらくこの後EF81が引上げて貨物5番線のコキに連結→出発ではないかと思われます。
貨物5番線が本線なのはこれのためなのかとも思ったのですが、1974年時点ではこのような入換は行われていなかったのではないかと思います。
・3番線より上側の側線群は使用されていないようです。

 

次に駅を中心とした狭い範囲を改めて国土地理院の空中写真で見てみます。
11usam797a28194802npmn
・USA-M797-A-28(1948年2月)を加工したものです。ちょっと見にくい写真で申し訳ありません。
・カーブして上に向かっていくのは線路でしょうか?

12mku6211xc37196208npmn
・MKU6211X-C3-7(1962年8月)を加工したものです。
・謎のカーブは跡形もありません。

13cku7410c2320197502npmn
・CKU7410-C23-20(1975年2月)を加工したものです。先ほどの1974年の配線図の頃です。
・ちょうど旭化成の専用線を貨車が移動中のようです。

14cku20185c1526201804npmn
・CKU20185-C15-26(2018年4月)を加工したものです。
・機関区跡地は娯楽施設になりました。

 

この記事を書くまでは延岡駅と南延岡駅の役割分担がよくわからなかったのですが、結局のところ
旅客ターミナル・・・延岡駅
貨物駅・・・延岡駅
貨車操車場・・・南延岡駅
車両基地・・・南延岡駅
といったことになるのかと思います。
昔は結果的に一つの駅にすべての機能が集中するのが普通でしたので、貨車操車場と車両基地が延岡駅ではなく南延岡駅に設けられたことがちょっと不思議です。

 

南延岡機関区についてはE10さんのブログに写真がいっぱい掲載されています。
 http://c54.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-9ee01a.html
 http://c54.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-3eff5f.html
 http://c54.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-aec33d.html
 http://c54.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-125f40.html

 

配線図は
※1印・・・NZさん
※2印・・・3RT生さん
※3印・・・キハ65さん
よりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 日豊本線配線図 その13(延岡) | トップページ | 日豊本線配線図 その15(旭ヶ丘~門川) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日豊本線配線図 その13(延岡) | トップページ | 日豊本線配線図 その15(旭ヶ丘~門川) »

過去の記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ