« 貨物の継送 1997年3月 隅田川 その2 | トップページ | 貨物の継送 1997年3月 隅田川 その4 »

2023年10月29日 (日)

貨物の継送 1997年3月 隅田川 その3

前回の記事の続きです。今回は信越・北陸方面行きです。

 

19970305kksdnn
・長野方面行きです。
・隅田川は高崎・東北・常磐線方面に対しては適した位置にありますが、 中央・東海道線方面に向かうにはちょっと面倒です。山手貨物線を経由する場合は田端操でのスイッチバックが必要ですし、武蔵野線経由の場合は大きな迂回となります。
・この2358~2459列車の場合は武蔵野線経由なのですが、いったん田端操に向かってスイッチバックします。このような例は他にもあるのですが、これは何でしょう。田端操で連結を行っている気配もなさそうですし。南千住で常磐上り線を支障することの回避?

199703061kksdhr
・新潟方面行きです。
・羽前水沢行きのコンテナは新潟貨タで専用貨物883列車の貨車への載せ替え(中継)が行われます。
・同様に東三条行きのコンテナも南長岡で専用貨物4571列車の貨車に載せ替えられます。 

199703072kksdhr
・2071~2072列車には多くの行先のコンテナが積まれています。
・青海行きは通り過ぎて戻るパターンで、富山貨タでのコンテナ載せ替えです。
・速星行きも戻るパターンで、金沢でのコンテナ載せ替えです。2072列車は5時過ぎに富山貨物に到着するのですが、富山貨物で載せ替えを行わずに金沢で行うのが不思議です。
・敦賀港行きも金沢での載せ替えです。

199703083kksdhr
・伏木、二塚行きは途中でのコンテナの載せ替えはなく、貨車ごとそれぞれの駅に向かいます。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 貨物の継送 1997年3月 隅田川 その2 | トップページ | 貨物の継送 1997年3月 隅田川 その4 »

コメント

隅田川~田端の2358列車は、田端区の入換機が帰区を兼ねて牽引してたかもしれません。南千住の交差も回避できて、一石二鳥ですし。

隅田川21:30発2071列車の能町行きは最後が専用貨物173列車になってますが、それっぽい列車の1992年の画像がありました
https://expechizen.exblog.jp/17039410/

紙輸送(おそらく)のワム・ワキの一番後ろにコキが1両連結されています。
逆方向の能町発と思われる画像もありました
https://expechizen.exblog.jp/17035280/

北東航21さん
帰るなら1人で帰れ!コキを巻き添えにするな、って感じですね(笑)。

「専用貨物列車」にコキを連結するというのはアリなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貨物の継送 1997年3月 隅田川 その2 | トップページ | 貨物の継送 1997年3月 隅田川 その4 »

過去の記事

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ