« 米坂線配線図 その2(萩生~羽前松岡) | トップページ | 笹木野・庭坂・赤岩・板谷・峠・大沢・関根配線図 »

2022年11月16日 (水)

米坂線配線図 その3(小国~越後大島)

米坂線の3回目です。 小国駅、越後金丸駅、越後片貝駅、越後下関駅、越後大島駅です。

坂町~越後金丸間は米坂西線として1933年に開通し、1936年の小国~越後金丸間の開通で全通しました。
残念なことに2022年8月の大雨で今泉~坂町が不通となっています。

 

最初に、以前ご紹介した1972年7月の小国駅です。
197207vtrj
・小国駅は米坂線の拠点駅で、機関車駐泊設備があります。また専用線も接続しています。

 

続いて最近の前面展望動画やGoogle マップをもとに私が作成したものです。

20200007vtrj
・専用線はなくなってしまいましたが転車台は残っていそうです。

20200008vtrj
・新潟県に入りました。
・小国~越後金丸間にはかつて玉川口駅がありましたが、1995年に廃止されています。

20200009vtrj
・越後○○駅が4駅続きます。
・越後大島~坂町間にはかつて花立駅がありましたが、玉川口駅同様1995年に廃止されています。県境・山間の玉川口駅はしかたがない感がありますが、坂町駅の隣の駅の廃止は個人的にはちょっと衝撃的です。

 

こちらの記事もご覧下さい。
 小国 1979/7/19
 越後金丸 1986/6/8

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 米坂線配線図 その2(萩生~羽前松岡) | トップページ | 笹木野・庭坂・赤岩・板谷・峠・大沢・関根配線図 »

コメント

小国駅には自動車営業所が置かれて、国鉄バス(→JRバス東北)が1995年3月末まで運行していました。
廃止後は小国町営バスに移管されていますが、そのうちの飯豊梅花皮荘へ行く路線(これは現在も営業してます)は玉川口駅を経由し、国鉄時代は鉄道とバスの乗り継ぎ駅になっていました。

北東航21さん
かなりマニアックな情報をありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米坂線配線図 その2(萩生~羽前松岡) | トップページ | 笹木野・庭坂・赤岩・板谷・峠・大沢・関根配線図 »

過去の記事

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ