« 大張野・和田・四ツ小屋配線図 | トップページ | 生保内線配線図 »

2021年11月13日 (土)

大曲配線図

今回は大曲(おおまがり)駅の配線図のご紹介です。

こちらの記事もご覧下さい。
 大曲 1978/10/5
 2009大曲
 2009三線軌の分岐器

 

1961年1月(※1)
196101go
・右下方向に分岐するのは後の田沢湖線ですが、「生本」の文字が示す通りこの時点ではまだ生保内(おぼない)線です。

 

1978年10月
197810go
・これは以前ご紹介したものです。
・「生本」が「田本」になりました。
・裏6~8番線が増設されたほか、田沢湖線~秋田方面のスイッチバック対応のためか青森方がシーサスになっています。

 

1979年12月(※2)
197912go
・転車台がなくなりました。

 

2009年5月
200905go
・これも以前ご紹介したものです。
・田沢湖線は標準軌化され、奥羽線青森方は狭軌と標準軌の単線並列になっています。また、保守基地の一部は3線軌になっています。

 

未公開写真を少しだけ。すべて2009年5月9日撮影です。

P1010350
・11番線(幹上本)と12番線(幹下本)は新幹線のりばで標準軌です。その右の電車が止まっている線路も標準軌ですが、在来線のりばなので3番線線です。

P1010347
・11番線と3番線の終端部です。

P1010348
・12番線の終端部です。

P1010342
・3番線・11番線・12番線の終端部の裏側です。

P1010341
・狭軌の奥羽下本は1番線、奥羽上本は2番線です。

 

配線図は
※1印・・・NZさん
※2印・・・KASAさん
よりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 大張野・和田・四ツ小屋配線図 | トップページ | 生保内線配線図 »

コメント

2009年のご訪問の後、大曲駅は微妙に変化しています。秋田新幹線の車両をE3系からE6系に置き換えるとき、先頭の流線型部分が長くなった分、両数が増えた(6→7両)ので、標準軌の線路が伸ばされました(他の停車場も対応工事が行われており、前々回・前回紹介の羽後境駅・和田駅も信号機が移設されたり有効長が伸ばされたりしています)。2009年の大曲駅の記録はこの工事が始まる直前のものだったようです。
https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20120420-3.pdf
具体的には、跨線橋からの階段のすぐ横にあった車止めが、福島方に移動したそうです(合わせて11・12番線への連絡通路も移動)。
https://blog.goo.ne.jp/taic02/e/dbb6098d0daafb4c7d952a20314b843d

なお、3番線は在来線(田沢湖線)用ですが、非営業列車だと新幹線車両が入線することもあるそうです。
https://twitter.com/annin8110/status/962507690785218560

旅の途中のとおりすがりさん
情報ありがとうございます。ちょっとびっくりしました。
大曲駅の工事は結構大がかりですよね。盛岡・秋田側のホーム延伸が難しかったのでこのような形になったのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大張野・和田・四ツ小屋配線図 | トップページ | 生保内線配線図 »

過去の記事

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ