« 紀和配線図 その2 | トップページ | 和歌山操配線図 »

2021年10月 6日 (水)

和歌山市配線図

和歌山市駅の配線図のご紹介です。

 

1976年9月(※1)
197609iama
・南海線を含めた和歌山市駅全体が描かれていますが、南海線の部分は簡略化されているようでホームも描かれていません。
・1番線と2番線の間の9番線や下の方の36番線など、線路名称の付け方がナゾです。

 

1978年3月(※1)
197803iama
・大きくは変わっていません。

 

1980年3月
198003iama
・これは以前ご紹介したものです。
・亀山方の分岐器の配置が変わっていますが、今までのものが誤記だったのではないかと思います。

 

時刻表1978年10月号から、和歌山~和歌山市の10時~14時の間の列車ダイヤを作成すると以下のようです。197810aaia
・11時10分ごろ、よりによって急行同士が紀和駅で交換します。
・12時51分、121列車が和歌山市駅に到着します。この列車は紀和駅で客車1両を解放しています。
・続いてわずか6分後の12時57分、239Dが和歌山市駅に到着し、121列車が機回しなどでモタモタしている間に13時2分に240Dとして先に発車します。
・13時15分、121列車の折り返しの128列車が発車します。

このように紀和駅、和歌山市駅とも交換設備を活用した運転が行われており、短い区間ながら趣味的には楽しい線区でした。

 

最近の様子は以下のようになっています。
202000saai

紀和駅、和歌山市駅とも列車交換はできなくなり、行って帰るの単調な運転しかできなくなってしまいました。

 

こちらの記事もご覧下さい。
 ・和歌山市 1980/3/13

 

配線図は
※1印・・・T.Mさん
よりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 紀和配線図 その2 | トップページ | 和歌山操配線図 »

コメント

南海の南紀直通列車がなくなった段階で
紀和の命脈は尽きた、といったところでしょうか。

冷房はないし、ドアも手で開けるし、といった
すさまじいアコモでしたが、昭和60年3月まで
よく頑張ったものですね。

和歌山市 1980/3/13も合わせて拝見しました。128レが2番線発の新宮行き、240Dが1番線発の五条行きでしょうか。和服姿のご婦人いかにも昭和ですね。
阪和線配線図が始まった頃、南海電車は天王寺の19,20番のりばで見ただけと思っていたのですが。つい最近、橋本から南海に乗って高野山に行ったのを思い出しました。
和歌山線は非電化で、非冷房クロスの気動車だったのを覚えている程度です。電化後も王寺~高田間で何度か乗っていますが、奈良側からは和歌山まで行けるけど…。になってしまい、五条に何らかの境界があるように思います。

>ドアも手で開ける
え!? 手で開けてたんですか? キハ55同等ですよね? びっくりしました(汗)。

>和服姿のご婦人
の上に1番線からの発車時刻が掲示されていますね。和歌山市発の列車は29本ほどあったようですが、1番線から発車するのはそのうちの5本だけだったようです。

「きのくに」のキハ5500・5550ですが、『鉄道ジャーナル』誌
昭和53年12月号の20、21頁にも「扉が半自動」というのが
強調されて紹介されています。

さらに強烈なのは、昭和53年9月に廃止された
週末運転の「きのくに10号」でありまして、
客車時代の名残なのでしょうが、キハ5550の
1両だけで難波から和歌山まで走っていました。

…当然ながらトイレなしです。

ヤドリギさん
追加情報ありがとうございます。
なんともすさまじい列車だったのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀和配線図 その2 | トップページ | 和歌山操配線図 »

過去の記事

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ