« 秋田配線図 | トップページ | 秋田操車場配線図 »

2021年10月20日 (水)

秋田 1978・2009

秋田駅での未公開写真をご紹介します。

こちらの記事も合わせてご覧下さい。
 秋田 1978/10/1
 2009秋田

 

19781002a01
・1978年10月2日、4番線に停車中の上野発「おが2号」くずれの改8131列車男鹿行きです。
・ちょうどダイヤ改正日を跨いで運転されており、時刻表には「上野駅を列車番号6401で出発して途中から6403に変わる」といったようなことが書いてあるのですが、どこで変わるのでしょうか。
・編成は、DD51517・ハフ422001・ハ432154・ハ432304・ハ432196・ハ432011・ハ432076・ハネ162175・ロネ102086・ハフ422191です。

19781004e01
・1978年10月4日、4番線の青森発大阪行き502列車「きたぐに」です。ちょっと苦しい写真です(汗)。

1978100504
・1978年10月5日、8番線です。多分上野行き8002列車「つばさ52号」となる14系の、なぜか連結器周辺の写真です。

 

以下は2009年5月9日の撮影です。

032p1010237
・1番線です。

021p1010235
・2番線です。

052p1010242
・3番線です。

054p1010244
・4番線です。

015p1010247
・5番線です。

017p1010246
・6番線です。

042p1010256
・7番線です。

044p1010259
・8番線です。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 秋田配線図 | トップページ | 秋田操車場配線図 »

コメント

画像1枚目の「おが2号」の列車番号が現行の6401から改正の6403に変わったのは
10月1日23:54発の黒磯
又は
10月2日0:20発の白河
のいずれかです。

ゴハチ信者さん
日付が変わる直前または直後、ということですね。

国鉄本社旅客局・運転局作成の
「昭和53年10月時刻改正に伴う列車移り替り方 (旅客関係)ーⅠ」(運転時刻・停車駅関係)によると、6401列車おが2号は、「1日黒磯着まで現行列車、1日黒磯発から改正列車(福島〜米沢間変更時刻)」となっています。
私の手元の資料では(案)の段階ですが、このまま実施されたはずです。

また、
「昭和53年10月時刻改正に伴う列車移り替り方 (旅客関係)ーⅡ」(列車編成・運用関係)によると、
改正前のおが2号は、9/30上野発までは秋田方から、スハフ+ハ×7+ハネ+ロネ+ハフの11両編成、10/1上野発からハ1両減車の10両編成になってますが、実際の秋田着の編成はさらにハが1両減車されてるようです。

北東航21さん
貴重な情報ありがとうございます。
ダイヤ改正当日に跨って運転される夜行列車に対しては綿密な考慮がなされているわけですね。

客車急行「きたぐに」大阪行には、1978年に北海道からの帰りに青森から富山まで乗車しました。新潟では寝台車連結のため長時間停車。とても思い出深い列車の旅でした。確か青森から秋田まではED75が牽引していました。今年になって見たものの中からでは、現在の1番線は男鹿線の電車が発着、7番線のホーム中央の変わった架線柱は健在、南側の留置線には、引退した気動車が並んでいました。

京葉帝都さん
>7番線のホーム中央の変わった架線柱
気づきませんでした(汗)。もう使われていないものなのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋田配線図 | トップページ | 秋田操車場配線図 »

過去の記事

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ