« 天王寺駅の客車回送 | トップページ | 天王寺配線図 »

2020年12月 3日 (木)

天王寺駅での客車入換

前回の天王寺駅の客車回送列車の記事に関連して、今回は天王寺駅での客車の入換手順について配線図と見比べながら考えてみました。
あくまで想像ですので念のため(汗)。

 

まず阪和線側です。1979年4月の配線図です。
197904
・連絡線につながっているのは1番線と4番線だけです。ですので、921列車及び924列車はこのどちらかの発着になります(後年は1番線だけになりましたが)。
・921列車は到着後そのままELが推進で連絡線へ。924列車はELが推進で坂を押し上げてきます。
・入換機が客車を推進で阪和線に押し上げていた時代(前回の記事の①の例)、阪和線からやってきたELはどうしていたのでしょうか。この図には阪和線場内信号機に誘導信号機が描かれていませんが、もし設けられていれば客車が止められている線路に直接進入したでしょうし、設けられていなければいったん客車が止まっていない線路に到着してそれから入換、ということでしょうか。

 

次に関西線部分です。1986年頃です。
198600_20201130201601
まず921列車の場合を考えます。
①DL単機が竜華からやってきて4番線に進入し、中2番線あたりで待機する。
②連絡線を通ってELに引かれた客車が4番線に進入する。
③DLが連結されて客車だけを中1番線に連れていく、もしくはELが推進で客車を中1番線に移動させた後にDLを連結する。後者の場合、ELは4番線に戻る。
④回送客車列車はDLに引かれて中1番線から出発する。
⑤EL単機は4番線から竜華に向かうか、もしくは連絡線を通って阪和線から出発する。
・①と②は逆でも構わない。DLが到着するとき、仮に4番線に客車やELがいたとしても、誘導信号機が設備されているので何とかなりそうですし(汗)。
・回送列車をELが牽引する場合は、推進で客車を中1番線に移動させた後中2番線を使って機回して中1番線から出発する。

次に924列車の場合。
①EL単機が連絡線もしくは竜華からやってきて4番線に進入し、中2番線あたりで待機する。
②DLが引く回送客車列車が4番線に進入し、DLが切り離される。
③ELが客車に連絡され、連絡線を通って阪和線ホームに向かう。
④DLは4番線から出発して竜華に戻る。
・①と②は逆でも構わない。この場合ELは誘導信号で4番線に進入して客車に連結される。
・竜華から回送客車をELが引いてくるとなるとちょっと面倒。客車を4番線に止めたままでの機回しは関西線ホームを通過することになり、ちょっと現実的ではないような。となると中1番線・中2番線を使っての機回しということになり、作業としては面倒なことになります。まあ実際、先日の記事の通り、924列車の回送列車をELが牽引したという情報は見つかっていませんが。

この辺りはKASAさんのコメントでかなり想像の精度が向上したように思います(笑)。

 

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 天王寺駅の客車回送 | トップページ | 天王寺配線図 »

コメント

「関西の鉄道」No.6(特集:阪和線の50年)の52-53ページに「天王寺駅のうつりかわり」と題した見開き2ページの記事があります。
乗降ホームを並列で分けていた時代→過渡期→現在(1980年)の3つの配線略図が掲載されています。

添えられている写真が、名古屋発の1Dくろしお1号到着時なのですが、阪和1番線の先、地平からのスロープに入る手前、分岐と分岐の間の短い直線部分にED60が停止しており、写真のキャプションに「9107レきのくに53号を牽引後回送待ちのED608〔竜〕 S53-8-6」とあり、客車はどこにも見えません。ED60は両パンを上げており、後部標識灯は明るくて点灯を確認できないかもしれませんが、不点灯に見えます。

この頃は和歌山に客車の配置はなく、竜華配置ですから、地平側から入換機が先にスロープを降ろしたと思われます。

もしかしたら、和歌山方に別の電機が連結されて、次の運用に備えて和歌山方面へ回送された可能性もありますが。

>短い直線部分にED60
私もどこか(ネット上?)でその写真を見た記憶があります。その時思ったのは、ED60が自分で客車を下ろして、阪和線で戻るために再びスロープを上がったところではないかと思ったのですが・・・。

>阪和線で戻るために再びスロープを上がったところ

なるほど。その考えもありますね。
私は、あの直線部分で車両が止めれるようになっているんだ、というのが驚きでした。
阪和1番線の入信で、そのままスロープ下まで入換だと思っていましたので。

北東航21さん
確かに、あの部分に車両が止められるようになっているとは思わないですよね。おそらく入標がそれに対応するように配置されていると思うのですが。

ツイッターでこんな画像を見つけました。

https://twitter.com/arakon5861/status/1311216505812480002/photo/1

どうやら天王寺駅でこれからスロープに向かおうとしているEF5840+マヤのように見えますが、いかがでしょうか・・・。

1969年生まれです。当時阿倍野在住で、1978年頃から1990年迄ずっと天王寺駅を観察してました。チャリでプラプラ行ったり、カメラ持参したり。関西本線電化後なので、非電化時代は存じませんが、上記期間は完璧(ホンマか!?)に記憶があります。何でも聞いて下さい!概ね、貴HP記載の推測内容で正解だと思いますが。素晴らしい調査力ですね。感銘致しました。

阿倍野の鉄道少年さん
>ずっと天王寺駅を観察…。…何でも聞いて下さい!

とのことで、"やまとじライナー" の記事で
http://senrohaisenzu.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-4f3786.html

381系が、本当に旧短絡線(スロープ)を通ったのか、について情報をお持ちでしたら宜しくお願いします。

東跨線橋に、"芦の家さん" のカレー屋があって、吉永小百合 似の女将さんが切り盛りしていたのですが、このお店についても宜しくお願いします。

阿倍野の鉄道少年さん
コメントありがとうございます。

381系もそうですが、吉永小百合似の女将さんにも重大な関心があります(笑)。

やまとじライナーの記憶ありません。女将も…。役立たずでスイマセン。でも記憶の限り、あのスロープを電車が上がったのを見た事が無いです。はやまの旧客と臨時きのくにの12系です。

阿倍野の鉄道少年さん

東跨線橋の3番線(14番のりば)の上にあった「天王寺うどん」や、5番線(15番のりば)の上にあった国鉄(日本食堂)系の伝説のハンバーガーチェーン「サンディーヌ」は、如何でしょうか。

王寺のドムドムや鶴橋のロッテリアに次いで、天王寺のエキナカにもバーガー店が、ようやく出来たのかと良く行きました。サンキューと言ってフィシュバーガーを出してくれたスタッフが、聖子ちゃんカットだった様な覚えがあります(^^;)。

国鉄時代、実際に天王寺で列車の入替に従事なされていたという方のブログを発見しています。

天王寺駅入替 924列車
https://ameblo.jp/lkjh098/entry-12678244258.html

moni5187様
ありがとうございます。「天王寺うどん」「サンディーヌ」、ダメです、記憶がありません…。
ただ王寺駅のドムドムはハッキリ覚えてます。
ホーム側からも入れて、いつも「ミックスバーガー」を食べてました。
にぬきが挟んでありました。
月見バーガーの元祖ですよ。マクドよりドムドムが先です。
天王寺駅入替 924列車も感銘致しました。

moni5187さん
貴重な情報ありがとうございます。
924列車の客車のDL→ELの受け渡しは4番線ではなく客留2番線なのですね。3枝分岐も使用されていたようですし。

東跨線橋の食べ物やですが、

・天王寺うどん
・サンディーヌ

のいずれも利用していました。

また、潰れた駅弁屋の「芦の家」直営のカレーと
スパゲッティの店や、阪和9番線ホームの
ラーメン屋、
さらにはカレー屋の潰れた後に出来た、
おそらくはJR系のカレー屋も利用していましたね。

天王寺うどんは、阪和ホームの屋台時代からの
味が大好きでしたが、いまは「麺屋」に統一されてしまい、
画一的になってしまいました。

五十路半ばで胃腸も弱りましたので、
阪和9番線に現存する「プレスト」のカレーは
まだ食べたことがありませんです…。

ヤドリギさん、懐かしい駅(ナカ)の風景~当方の思い出話に、お付き合い頂きありがとうございます。
ネット上で「芦の家」さんは、弁天町の交通科学館の食堂車で営業されていたとの情報がありました。他に駅弁に関する史料が結構残っているものの、地平6番線(16番のりば)の上にあった店舗については皆無で、自身の記憶だけが頼りでした。
阪和1番線の9番のりば(おりば)のラーメン店は、建設中を見ていて新規開店後に何度か入りました。ゆで麺を温めただけではなく本格的な麺で、大将が切り盛りしていました。外観は当時のハートインカラーだった様な覚えがあります。

moni5187さま。こちらこそ、話に割り込んで失礼いたしました。

東跨線橋の店舗のうち、現在のセブンハートインが
あるスペースに、昔は

・キオスク
・天王寺うどん(東)
・サンディーヌ
・芦の家のカレー屋(駅弁も販売)

と並んでいましたね。

私自身は基本が南海利用だったことと、
昭和63年から平成6年3月まで、東京の
大学にいた関係で西船橋在住だったことも
ありまして、「JR初期」のJR西日本の駅ナカ飲食には
あまり詳しくありませんが、関西の大学の
大学院に置いてもらっていた際に、面白い
店が結構あったのを聞いたことはあります。

そういえば、「阪八工事」の行われていた
昭和57年ごろ、阪和ホームの「天王寺うどん」の
屋台が一時的に阪和9番線降車ホームに
移転していたのを見た記憶がありますが、
『国鉄全線各駅停車8 近畿400駅』の中で
宮脇俊三氏が、その9番ホームでうどんを
食べている記事がありました(205頁)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天王寺駅の客車回送 | トップページ | 天王寺配線図 »

過去の記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ