« 武豊配線図 | トップページ | 飯田線配線図 その2(三河一宮~三河東郷) »

2020年7月28日 (火)

飯田線配線図 その1(豊橋~豊川)

武豊線の次は飯田線です。NZさんからご提供いただいたもので、すべて1977年時点のものです。
第1回目は、豊橋駅、船町駅、下地駅、小坂井駅、牛久保駅、豊川駅です。
トンネル、曲線、勾配もわかるように駅間も含めてご紹介します。

0119770000tr
・この辺りは以前にご紹介していますね。
  豊橋配線図
  豊橋 2011/10/8 その1
  豊橋 2011/10/8 その2
  豊橋 2011/10/8 その3

0219770000tr
・飯貨1~3番線と船町仕訳線群が特徴的です。
・名鉄線との分岐部は小坂井駅の構内です。
・こちらもご覧下さい。
  豊橋 2011/10/8 その4・船町
  下地 2011/10/8
  平井信号場 2011/10/8
  小坂井 2011/10/8

0319770000tr
・豊川駅から先は単線になります。
・こちらもご覧下さい。
  豊川 2011/10/8

0419770000tr1
・日車の専用線部分も描かれていますが、どうせならもう少し先が見たい・・・。

 

配線図はNZさんよりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

 

« 武豊配線図 | トップページ | 飯田線配線図 その2(三河一宮~三河東郷) »

コメント

船町の側線群は豊橋駅の構外側線であったのか其れとも名鉄の貨物駅だったのか其れとも豊川鉄道の貨物駅だったのか何方か御存知のお方お教え願います 名古屋に短期出張してた折飯田線が吊り掛け電車時代に一度だけ訪れたた事がありました唯長大な路線ですので豊川迄でした新旧流電クモハ42旧横須賀線サロ75三扉改造車半流クモハ43張り上げ屋根車等主だった車輛を一日で見物出来ました 豊橋豊川間のローカル列車が牛久保に留置されていたので豊川から牛久保迄徒歩で戻り留置車輛を見物出来たのは楽しかったです豊川からの帰途は辰野からの直通列車に乗車豊橋へ戻りました
名古屋豊橋間は往復名鉄を利用しました未だ7000系パノラマカー全盛時代120㎞で走るパノラマカーの先頭で見る風景は格別でした名鉄では当時本線でも貨物列車があり岡崎市駅の貨物側線に東武の貨車が来ていたのには意外でした

1977年の飯田線といえば、流電(りゅうでん)を始め旧国の宝庫でしたね。当方は1976年の7月に、一度だけ訪れています。

東栄駅でクハユニ56004。本長篠駅での165系。茶臼山駅でEF1022。牛久保駅で"上3"のクモハ52004と"上2"のクモハ52002のツーショット。旧国ばかりの豊機区の様子。豊橋駅の"飯客3"のパノラマカー7500系。などなど。

本来は鉄道撮影の旅ではなかったので、こっそり撮ってありました。旧国ファンの聖地ですから、Web上の情報は豊富で、44年前の撮影分も、車両形式や製造番号まで推定しました。

ということで、佐久間ダムの建設で水没した旧線の配線図に付きまして、大いに期待いたします。

yyoshikawaさん、moni5187さん
飯田線は魅力多い路線でしたが、とにかく訪問するには手強いところでしたね。
>旧線の配線図
これはちょっと難しいかも、です(汗)。

船町駅の側線群は豊川鉄道時代の船町駅の跡でしたっけ。
豊川方面の路線とは全く別の支線の終点だった様な。
今の船町駅は元々新船町駅で、
よく覚えてないんですが、そんな沿線案内図を観た様な覚えがあります。

おっしゃる通り、もともとは豊橋~船町貨物駅間は独立した支線だったようですね。ちょっと複雑です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武豊配線図 | トップページ | 飯田線配線図 その2(三河一宮~三河東郷) »

過去の記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ