« 徳島付近の路線の変遷 | トップページ | 徳島本線配線図 その2(牛島~学) »

2020年6月 6日 (土)

徳島本線配線図 その1(徳島~下浦)

高徳本線に続いて今度は徳島本線のご紹介です。今回はその1です。時期はすべて1982年12月です。

最初は徳島駅。
01r_20200603200501
・高徳線でご紹介した徳島駅はこれより5年前のものですが、それからほとんど変化はないようですね。

続いて佐古駅。
02r_20200603200501
・こちらも5年前と変わっていないようです。

続いて蔵本駅。
03r_20200603200501
・上下本線が区別されているのですが、それぞれ逆方向の列車の発着が可能になっています。

続いて府中(こう)駅。
04r_20200603200501
・普通の交換可能駅です。

続いて石井駅です。
05r
・こちらも普通の交換可能駅です。

最後に下浦駅。
06r
・棒線駅です。

配線図はt_yosiさんよりご提供よりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 徳島付近の路線の変遷 | トップページ | 徳島本線配線図 その2(牛島~学) »

コメント

蔵本の駅前には、この地域では有名な名水が湧いており、汲みに来る人が多いです。

また、蔵本は無人化されて久しいのですが、数年前、駅舎を活用して居酒屋が入り営業していたこともありました。私は、夜の遅い時間帯に列車待ちを兼ねて腹ごしらえするのにちょうど良かったのですが、今では撤退してしまいました。

すみもとさん
このあたり、お詳しいですね。

蔵本駅

 蔵本には戦前、旧歩兵43連隊がありました。
 旧徳島鉄道の駅前は普通は貧弱なところ、出征を送り出した広場があります。ミニ善通寺駅です。

 現在の利用法は、交換がない限り、駅舎側の下り本線を使用します。
 朝は一本だけ、乗客の多い上り列車を下り本線に入れ、下り列車を上り本線に入れます。

徳島の鉄道マニア 60歳代さん
>蔵本駅の利用法
なかなか細かいところに気を使った使われ方をしているんですね。国鉄時代は考えられなかったような・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳島付近の路線の変遷 | トップページ | 徳島本線配線図 その2(牛島~学) »

過去の記事

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ