« 吉里吉里・大槌・鵜住居・両石配線図 | トップページ | 釜石線の歴史 »

2020年5月 2日 (土)

釜石配線図

山田線の第9回目、最終回です。
終点の釜石駅のご紹介です。

1977年4月(※1)
29197704r
・スイッチバック、製鉄所専用線、機関区などいろいろあるのですが、最も特徴的なのは客貨車区ですね。本線からいきなり両側に側線が分岐するレイアウトは他に見たことがありません。

1978年7月。
29197807r
・これは以前ご紹介したものです。変化はないようです。

1987年3月(※2)
29198703r
・三陸鉄道が開業し乗降ホームが設けられました。山田本線からも三陸鉄道線に出発できるようです。
・この関係でシングルスリップが新設されているのですが、最近はあちこちで撤去される運命にあるスリップスイッチの新設は珍しいですね。

2000年7月(※2)
29200007r
・客貨車区は廃止され、これに伴って釜石線下り第1場内信号機がなくなりました。
・専用線や側線も撤去されましたが、本線関係は大きくは変わっていませんね。
・前面展望動画を見たのですが、盛方からの三鉄線列車はGで進入するんですね。場内信号機は4番線用も5番線用もYはふさがれているように見えます。

こちらの記事もご覧ください。

 釜石 1978/7/18

次回からは釜石線をご紹介する予定です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 吉里吉里・大槌・鵜住居・両石配線図 | トップページ | 釜石線の歴史 »

コメント

我が家の冬の三陸の旅で宮古から盛岡行き急行列車で釜石へ行く事は楽しみでありました 何故なら其れは新日本製鉄釜石製鉄所を車窓より見る事でした 三陸の山々を貫いて引かれた山田線が釜石線と合流する辺りは山田線の方が釜石線より少し高し位置で合流し徐々に下り釜石駅手前で同じレベルになりました 釜石駅直前で進行方向右手に新日本製鉄釜石製鉄所を見ながら進んで行きましたが期待していた製鉄所の構内専用線は残念ながら目視出来ませんでした 釜石駅配線図の左下の釜石製鉄所専用線ヤードは見る事が出来ました 釜石駅は山田線釜石線両線共同じ方向より釜石駅へ進入する配線であり一種の頭端駅でしたが此処から更に南方向へ延伸出来る配線でした 駅の末端に橋梁が出来てましたが当時の国鉄合理化の影響で延伸工事は凍結されてましたが後に第三セクター三陸鉄道に委ねられ北リアス線と南リアス線として開通した 陸の孤島の釜石には日本で三番目に開通した官営釜石製鉄所鐡道が存在してました大橋に有る鉄鉱石鉱山から鉱石を釜石製鉄所へ輸送する為に引かれた日本で唯一の838㎜ゲージの鐡道でしたが早くに廃線となり車輛資材軌条等全て藤田傳三郎に払い下げられ難波堺間の阪堺鐡道開通に転用されました 其の後再び762㎜軌間の鐡道として釜石大橋間に普通鐡道として開通し 花巻から仙人峠迄開通していた岩手軽便鐡道と徒歩及び索道で連絡し始めて北上山地縦断鐡道となりました 其の後岩手軽便鐡道は国有化され改軌され釜石線となり分断していた仙人峠大橋間も新線で開通し釜石は陸の孤島は解消されました 其の後も釜石製鉄所と大橋間の762㎜軌間の鉄道は鉱石輸送専用線として存在してましたが国鉄線での鉱石輸送に切り替えた為廃線となりました 戦後すぐのキャサリン台風でしたか其の被害で釜石線が分断されてしまい急遽山田線を延伸し陸の孤島解消に貢献したのです 宮古釜石間は現在三陸鉄道へ譲渡され陸中海岸南北縦貫出来る様になりました 近年釜石線は宮澤賢治の銀河鉄道の夜にちなみ銀河鉄道線としてC58牽引列車の運行等観光線としての性格を持つ様になりました

Wikipedia の「山田線」の項に、次の記述があります。

また、釜石製鉄所が高炉を24時間体制で操業していた時代には、釜石線とともに夜勤者用に時刻表非掲載の深夜列車が運行されていた。1979年当時のダイヤでは、釜石を午前1時25分に発車し、終着の陸中山田には午前2時22分に到着していた[18]。

18.^ 石野哲『時刻表名探偵』日本交通公社、1979年、pp.77、79。このダイヤは盛岡鉄道管理局の運転時刻表が出典と記されている。

***

手元の昭和54年10月1日改正「岩泉線・宮古線・田沢湖線・山田線・釜石線 列車ダイヤ」(盛岡鉄道管理局)で、確かめてみました。

山田線関係
1621列車
釜石125(中)→陸中山田222(終着)
途中、全駅停車。
1621列車は、客車を解放して単1621列車となり
陸中山田235(上1)→宮古320(終着)
で機関車だけ、宮古に帰るようです。
朝になって、単1624列車
宮古500→陸中山田538
客車を連結して、1624列車
陸中山田630(上1)→釜石727(終着)
に充当されます。
機関車が車交になるのかは、運用表がないので不明です。

釜石線関係
1620列車
釜石120→遠野234(終着)
朝になって、1625列車
遠野605→釜石721(中)(終着)
に充当されます。

遠野では転車台があるが、陸中山田には転車台がないからと推測されますが、いかがでしょうか?

陸中山田の上1については、同駅の項に投稿します。

自己レスです

上の記事で、釜石線にSLが運行しているような書き方をしてしまいましたが、この頃にはすでにSLの運行は終わってますね。

国土地理院の地図検索で、空中写真を見てみましたが、遠野には転車台は見つかりませんね。

yyoshikawaさん
釜石駅の終端側の立派なトラス橋、いったいいつ頃から完成していたのでしょうか。

NZさん
>時刻表非掲載の深夜列車
貴重な情報ありがとうございます。1624列車の存在には気づいていたのですが、この客車がどこからやってくるのかが気になっていました。

>遠野の転車台
いえいえ、よく見ると・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉里吉里・大槌・鵜住居・両石配線図 | トップページ | 釜石線の歴史 »

過去の記事

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ