« 東新潟港 2019/4/12 | トップページ | 中央東線配線図(1971年3月) その1(東京~千駄ヶ谷) »

2019年12月 4日 (水)

青い海・白い砂

1973年8月、新小岩駅で撮影した青い海号と白い砂号です。

32img135
・内房線からの8128M快速青い海号です。

32img136
・外房線からの8228M快速白い砂号です。

唐突な記事で申しわけありません(汗)。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 東新潟港 2019/4/12 | トップページ | 中央東線配線図(1971年3月) その1(東京~千駄ヶ谷) »

コメント

かつては、夏休みの海水浴シーズンには、房総地区は、夏ダイヤで運転してましたね。

>管理人さん。

「2019年の台風19号」+「その後 の大雨」で、

地域では、立ち直り、できたのか?

NZさん
全国各地から予備車を動員して海水浴臨を運転するなど、鉄道のシェアが今とは比較にならなかった時代でしたね。

名無しさん
一日も早く以前の生活に戻れるようお祈りいたします。

品川駅 13番線 中間改札ありました。夏場だけでした・昭和57年頃の話  外房線無人駅から乗車する人対策

以前湘南方面へ夏場の海水浴臨時電車も各電車区から予備車輛を動員し運用してました東海道本線を73形編成が運行する姿を見た時何か不思議な感じをしました

NZ28さん
東京止まりの時代は東京駅に中間改札を設けていたのかもしれませんね。

yyoshikawaさん
73系では湘南セレブに不評だったかも。

スカ線直通以降は乗りましたね、
この当時一ノ宮止や大原止を勝浦まで延長してました。
家族で大原から戸塚まで混雑でずっと立ちっぱなしは辛かった。
翌年以降は懲りて車で東京湾フェリー経由で行くようになりました。

湘南方面へ向かう海水浴臨電に、湘南セレブは乗らないと思いますが…
そういえば、他線区から横須賀線へ直通して逗子へ向かう73系の海水浴臨電は、保土ヶ谷・戸塚を通過していたと聞いたことがあります。
近郊型の113系が停車する駅をすっ飛ばしていく73系には乗ってみたかったです。

ゆかわあきらさん
私も海水浴は電車から車になってしまいました(汗)。

クモイ103さん
セレブの方々は茶色い電車を見ただけで・・・(以下略)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東新潟港 2019/4/12 | トップページ | 中央東線配線図(1971年3月) その1(東京~千駄ヶ谷) »

過去の記事

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ