« 平泉 1978/7/17 | トップページ | 一ノ関配線図 »

2019年11月 1日 (金)

平泉配線図

KASAさんからご提供いただいた平泉駅の配線図をご紹介します。
(いつもいつもお世話になっております(汗)。)

まずは1987年3月です。
198703r
・前回の記事でも触れましたが、このクラスの駅としては珍しく上り線側には第1・第2場内信号機が設けられています。どのような背景があってのことなのか興味が湧きます。

続いて2000年7月です。
200007r
・分岐器が撤去されていわゆる棒線駅状態になってしまいました。

配線図はKASAさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 平泉 1978/7/17 | トップページ | 一ノ関配線図 »

コメント

普通に考えれば、
優等退避用しかないわけで。
新幹線開業したら普通列車しかなくなれば不要になるのも致し方無いのでしょう。

何本退避があったのかは知らんけどですが(;^_^A。

ゆかわあきらさん
ひょっとして上り1番線のことでしょうか?
私が興味を持ったのは上り1番線ではなくて上りの場内信号機が第1、第2の2つ設けられていることです・・・(汗)。紛らわしくってスミマセン。

 信号機間隔を読むと第一場内と第二場内が338m、これは明らかに第一場内が後から割り込んだと推定できます。そのためか第一場内はYY現示が可能です。
 設置原因としては渡り線の新設が考えられますし、場所も納得できます。
 棒線化のとき第一場内・第二場内・出発とは異なる位置に5閉塞・4閉塞が設けられています。これは信号機の見通し距離の関係と推定できます。

C6217さん
そうですね、後から渡り線が増設されたのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平泉 1978/7/17 | トップページ | 一ノ関配線図 »

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ