« 上野 2012/3/31 その3 | トップページ | 上野で撮影した客車の細部写真 »

2019年10月 6日 (日)

上野 2012/3/31 その4

2012年3月の上野駅の様子のその4です。
今回は地平ホームの部分を中心に。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

1975 上野
上野配線図 1967/3
上野配線図
上野配線図 追加

01p1050307
・13番線の終端です。

02p1050312
・13番線の青森寄りです。

03p1050308
・振り返ります。ホームの長さはギリギリですね。

04p1050311
・青森方を望みます。

05p1050304
・14番線の終端部です。

06p1050319
・15番線と16番線の終端部です。

08p1050316
・15番線です。

09p1050323
・16番線です。

10p1050336
・振り返ります。15番線の上が12番線です。

11p1050321
・17番線です。今はここが最大番線です。

12p1050324
・振り返ります。レールは撤去されていますが、18番線はほぼ昔のままでしょうか。

13p1050327
・17番線です。

14p1050331
・その先の方です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 上野 2012/3/31 その3 | トップページ | 上野で撮影した客車の細部写真 »

コメント

16番線の先端で、ホームの途中から左へ分岐し15番線の線路につながる渡り線がありましたが、今は無くなっているのですね。
「上野配線図 追加」で紹介頂いた1993年(平成5年)3月の配線図にはありますので、もしかしてその後18番線が廃止された際の配線変更で、この渡り線も撤去されたのでしょうか。

学生時代、上野駅列車ホームで折返し車内清掃のアルバイトをしていました。
写真8枚目の構図を見ると、16番線の着発が多かったエル特急「ひばり」を迎える場面を思い出します。
毎時13分に高架線の下を潜って485系が顔を出します。
最初の分岐を右折してこちらへ顔を向けた後は真っすぐ進んできますが、12両編成の各車両は左右まちまちに揺れ動いていました。
乗客の下車を待って乗り込み、清掃作業で集めたごみは、当時ホーム先端付近にあったダストシュートに投げ入れます。
その後はすぐに次の担当列車が着くホームへ向かうので、毎時00分の「ひばり」出発シーンは見ていませんが、写真では存在しない渡り線を通って、写真の15番線に見えるクモハ211の前方あたりへ合流して、仙台へ向け出発して行ったはずです。

余談ですが、ダストシュートの地下には枕木方向のコンベアーがあって、5番線以降の全ての列車ホームから、駅の東側にあった集積、分別施設へゴミが運ばれていました。
のちにその分別作業のアルバイトをしていたという人に出会い、お互い顔を合せることが無かったけれど一連の仕事を分担していたんだねと、しみじみ話し合ったものです。

クモイ103さん
>渡り線
このあたり、地味に配線が変更されているようですね。16番線出発と17番線以降の到着との競合を避ける意味があったのでしょうが、今やそのような必要もなくなったんでしょうね。
>アルバイト
なかなか楽しいアルバイトですね、うらやましい(笑)。私も掃除のアルバイトをしましたが、列車ではなくホテルの部屋でした・・・。

 16番線→15番線への渡りルートの記憶は強烈です。このため16番線は出発信号機が手前に寄って入線は12両に限定され、仙台行「ひばり」の折り返し専用になっていました。

f54560zg さん
> 競合を避ける意味があったのでしょうが、今やそのような必要もなくなった

C6217 さん
> 16番線は出発信号機が手前に寄って入線は12両に限定され

なるほどです。撤去された理由が納得できました。ありがとうございます。

最後の12・13枚目の写真は、上野駅の着発線の減少を最も実感できる場所ですね。
昔はこんなスカスカじゃなく、もっと分岐器が輻輳して、画面右手へも進路が展開していたものです。

ところで私の最初のコメントの冒頭で「16番線の先端」と書いたのは、文脈から「ホームの先端」と読みとって頂けるかと思いますが、それは清掃職員の発想でしたね。
線路配置のサイトで「先端」と言ったらまず「線路の先端」を指すのかもしれない、と思い至ったのは書き込んだ翌朝でした(汗)。

>管理人さん

常磐線の 普通電車の一部 と、 
指定席特急「ひたち」「ときわ」は、

「一部の電車は
 品川の始発→東京・上野経由 なので、
上野の行き止まりホーム=使わない」ようですね。

なので、

「youtube」の
特急→「ひたち」「ときわ」=品川→常磐線方面も、
     先に、見る のが、よい かと。

皆様
>16番線は12両に限定
ひょっとして渡り線は16番線のホームにかかる位置にあったのですね。

>16番線の「先端」
私は何の迷いもなく「ホームの先端」と理解していました(汗)。ということは私も立派な清掃職員?

f54560zg さん
写真8枚目の立ち位置のすぐ横またはやや後方あたりが、分岐器のあった場所だと思います。9枚目の構図なら、画面の中央を渡り線が思いっきり横切っていた筈です。
16番線ホームには、三島駅下り1番線のような切り欠きがありました。「三島 2013/5/18 その2」写真16枚目のような感じです。(「つっかえ棒」があったかどうかは覚えていませんが…汗)

追記:
> 「ホームの先端」と理解
清掃職員でなく一般の旅客でもそうですよね。語弊のある言い方で失礼しました。
しごく常識的な理解だと思います(笑)。

クモイ103さん
件の渡り線があった頃は、16番線ホームの分岐器から先(尾久方)を旅客の乗降に使用することはなかったと思うのですが、形態としてはフツーのホームの形をしていたのでしょうか。9番線ホームの尾久寄りのように柵などが設けられていたのでしょうか。

f54560zg さん
言われてみれば柵があってもおかしくないですが、印象には残っていません。
一番記憶に残りそうな点なのにあやふやですみません…(汗)

f54560zg さん、クモイ103さん、C6217さん、

私が撮影した1982年4月の写真を見る限りにおいて、柵などはなかったようです。

ただ、ホームのかなり先端(尾久方)の「白い線」より外側の部分に黄色い帯のような線が「白い線」とは垂直に塗られているようでした。

C6217さんがコメントされているように、16番線の出発信号機がかなり手前にあったようで、私の撮った写真には、16番線の出発信号機が写っておらず、かろうじて、逆方向を撮った写真にそれに附属の進路表示器の裏側が写るのみでした(汗)。

当時、高校2年生にもなっていたにもかかわらず、そういうことには無頓着で、廃止間際の特急列車の写真ばかり撮っていたことがバレバレでお恥ずかしい次第です(汗)。

あとで、私の掲示板かHPに写真を上げておきますので、お時間のある時にでも、ご高覧いただければと思います。

クモイ103さん、KASAさん
私も特に16番線ホームに柵のようなものが設けられていたような記憶はないのですが。それどころか昔は9番線にも今のような柵はなかったような気が・・・(スミマセン、ちょっとあやふやです)。
あ、でも9番線の場合は東京方に出発できるので16番線とは違いますね、失礼しました(汗)。
写真、お待ちしています。

写真をHPにアップしておきました。興味のある方は、ご高覧いただければと思います。たいした写真ではないので、期待しないでください。下のKASAの部分をクリックしますと、写真をアップしたページへ直接行けます。

KASAさん
ありがとうございます。懐かしい写真ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野 2012/3/31 その3 | トップページ | 上野で撮影した客車の細部写真 »

過去の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ