« 北宇和島・佃・川奥信号場配線図 | トップページ | 渋川 2016/6/4 »

2019年4月 3日 (水)

渋川配線図

配線図と言いましても1978年3月時点のもののみです。
197803r
・上下本線と上り1・2番線、それに吾妻本線と、全部で5本の本線があります。
・電化前は渋川始発・終着となる長野原線列車が多数設定されていましたが、吾妻線と改称されたころからはすべて新前橋・高崎方面に直通するようになったようです。
・また、「ゆけむり」「草津」などの分割併合は、新前橋だった時もあったり渋川だった時もあったような・・・スミマセン、このあたりはあまり調べていませんです(汗)。

--------------------
以下、2019年7月3日追加です。
--------------------

1958年3月、上越線バージョンです。

195803r_20190703193601
・ねこまるさんからご質問をいただいていたのですが、転車台はありませんね。
・ただ、長野原駅に転車台があるのに渋川駅にないというのはちょっと解せないような気もします。

もう一つ、同じ1958年3月ですが長野原線バージョンです。

195803r_20190703194101
・もちろんこちらにも転車台は描かれていないのですが、左下の「キ1」「キ2」がちょっと引っ掛かります。
・1948年の空中写真を見てもそれらしいものが見当たりませんので、仮に転車台が設けられていたとしてもかなり早い時期に撤去されてしまったのかもしれません。

配線図はT.Mさん及びKASAさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 北宇和島・佃・川奥信号場配線図 | トップページ | 渋川 2016/6/4 »

コメント

唐突の渋川駅。この配線図の2~3年前に通学で使っていて、懐かしくそして嬉しく思います。
当時、すでに吾妻線の渋川発着はなく、吾妻本線ホームの客扱いは遵法闘争時に一度見たきりでした。
ただ、ホーム呼称は吾妻本線が1番、下本線が2番、上り本線が3番、上り1番を4番線といっていました。
ゆけむり草津の合解結は、渋川終着の伊香保も含めて、すべて新前橋でした。
貨物ヤード(?)の片隅に自動車輸送クの積卸スロープに似た施設があって、戦車を下しているのを見たことがありましたが、あるいは臨時だったかもしれません。渋川は貨物扱い駅としては12師団司令部の基地の最寄駅でした。
構内にはいつもEF12が入換をしていて、電車は新前橋区のスカ色クモハ60他や新潟色の70系、新系列の115.157.165.181系、果ては秋田往復のキハ58.80系なども見られて、今思うとパラダイスでした。

長野原線未電化時代は機関支区もあったらしいのですが、どこにどのようにあったのか全くわかりません。

渋川の取り上げ、ありがとうございました。

「ゆけむり」「草津」などの分割併合は、かつて渋川でしたがその後新前橋に変更されています。
時刻表の1971(昭和46)年8月号では渋川、同年10月号では新前橋になっていますので、この年の10月時刻改正で変更されたと思われます。

>管理人さん

その昔、「使用する車両 の運用上の都合」と。


「折り返す=時間調整が必要」な駅 でも、
「乗り入れる=素通りも可能 になる」のです。

その昔の時刻表 ですか、
特急「あまぎ」号 は、
一部が 熱海を通過 していましたね。

名無しさん
のりばの呼称は変更されているんですね。
>戦車
貴重な場面を目撃されたのですね。

クモイ103さん
情報ありがとうございます。かつては分割併合のための職員さんもいて賑やかだったのではないかと思うのですが。

名無しさん
熱海を通過するあまぎもあったのですね。

最初にコメントしたレトロ爺です。

今思うと、ゆけむり草津あかぎ伊香保などの急行群の分割併合を、新前橋に集中したのは、要員もさることながら、乗務員(ウテシ・カレチ)の渋川待機の廃止だったように思えます。
吾妻線の渋川発着廃止も、その一環と想定すると納得がいきます。

以上、根拠のないカンでしかありませんが。

レトロ爺さん
おっしゃる通りではないかと思います。
分割併合や吾妻線内折り返し列車、そして貨物扱いなどで、かつての渋川駅はさぞかし国鉄職員さんで賑やかだったのではないでしょうか。

長野原線バージョンをしげしげと拝見していたら、妙なモノを見つけました。
上り本線と上1番線の高崎方面ポイント直前に、安全側線が各々から出て、一つの車止めに収束してる?のです。
更に、上り本線からの安全側線は、上1番線をクロスしている。ように見えます。

上越線バージョンは、信号機表示と錯綜していてはっきりしません。

相当に珍風景だと思うのですが、各地にもあったのでしょうか。

名無しさん
確かに珍風景ですね。めったに見ることができない設備だと思うのですが、拙ブログでご紹介している中では岩切駅(上本/上2)、郡山貨タ駅(下2/下3)、篠ノ井駅(下2/下3)で見ることができますね。
郡山貨タ駅と篠ノ井駅は車止めの前に分岐器がありそうですが、岩切駅はなさそうです。

ブログ主様。
立ち処に類似例をあげていただき、ありがとうございます。
改めて各駅を拝見し直し、ナルホドナルホドと納得いたしました。
考えてみれば、敷地に制約のある場合、当然の着地点ですね。

先の質問も小生でして名前入力忘れました。そそっかし病が治りません。反省。

ねこまるさん
ブラウザによって名前が自動的に入力される場合とそうでない場合があるようで・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北宇和島・佃・川奥信号場配線図 | トップページ | 渋川 2016/6/4 »

過去の記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ