« 幡生 2015/6/21 その3 | トップページ | 北伊予・伊予中山・新谷・塩入・阿波川口・小歩危・土佐岩原・大田口・土佐北川・土佐一宮配線図 »

2019年2月21日 (木)

菊間・伊予立川・金蔵寺・三縄配線図

t_yosiさんからご提供いただいた四国総局各駅の連動図表のご紹介です。
(一覧表はこちら)
(路線図はこちら)

今回は、
・上下本線が区別されている。
・安全側線がある。
・連動装置は第1種継電、おそらく進路てこ式。
・閉そく方式は単線自動閉そく。
を共通要素とする駅です。

●予讃線 菊間駅 1985年2月
34198502r

●予讃線 伊予立川駅 1986年2月
46198602r_3r3l
・3Rの鎖錠欄は正しくは「〇12 〇4R」、同様に3Lの鎖錠欄も正しくは「12 (11又は〇2L)でしょうね。

●土讃線 金蔵寺駅 1986年11月
65198611r
・この図と実際の分岐器の直線側/分岐側が同じとは限りませんが、もし同じであれば一線スルーと見間違えてしまいそうです。

●土讃線 三縄駅 1986年11月
74198611r_452l453r
・出発信号機452L、453Rの鎖錠欄に方向てこが記載されていませんね。

配線図はt_yosiさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 幡生 2015/6/21 その3 | トップページ | 北伊予・伊予中山・新谷・塩入・阿波川口・小歩危・土佐岩原・大田口・土佐北川・土佐一宮配線図 »

コメント

こんばんは.こちらにもお邪魔します.
>菊間
RCの「細長い」継電をみたのが、この駅でした。CTCになるまで、この駅で伊予亀岡ー菊間ー浅海の各駅の信号を扱っていました.みかん山と美しい瓦屋根の集落を思い出します.
>伊予立川と金蔵寺
片や鉄建公団のトンネルと高架で山中を貫く新線、もう一つは四国で2番目に古い讃岐鉄道の駅です.同じグループにまとまるとは意外でした.
本屋側が直進の一見1線スルーに見える金蔵寺ですが、明治29年開通時の配線の名残ではないでしょうか.多度津駅は移転していますので、多度津方のルートは開通時と異なります.

3RT生さん
四国では高速化のため一線スルー化改良がなされた駅が結構あるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊間・伊予立川・金蔵寺・三縄配線図:

« 幡生 2015/6/21 その3 | トップページ | 北伊予・伊予中山・新谷・塩入・阿波川口・小歩危・土佐岩原・大田口・土佐北川・土佐一宮配線図 »

過去の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ