« 飯山 2017/4/30 | トップページ | 森宮野原 2017/4/30 »

2018年12月30日 (日)

戸狩野沢温泉 2018/8/7

今年8月、暑い盛りの戸狩野沢温泉駅です(季節外れで申し訳ありません(汗))。

01p1150910
・豊野方です。背中を向けた下り場内信号機が見えます。

02p1150913
・豊野方からです。
・飯山駅は上下本線を分ける分岐器が普通転てつ器でしたが、ここは発条転てつ器ですね。

03p1150914
・右側の入換操作盤というのは鎖錠スイッチのようなもの?

06p1150898
・豊野方です。

07p1150899
・豊野方からです。

16p1150894
・越後川口方です。

18p1150901

20p1150904
・越後川口方です。

21p1150908
・越後川口方からです。

22p1150909
・越後川口方です。背中を向けた上り場内信号機が見えます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 飯山 2017/4/30 | トップページ | 森宮野原 2017/4/30 »

コメント

f54560zgさん、皆様こんばんは。

11号転てつ器をしみじみと見ました。
馴染みのある「昭和」の発条転てつ器と違って丸みのない体型、灯具もハンドルも四角いし、帽子はしてないしレンズも白いし・・
やはり平成のものですね。世代間ギャップ?を感じてしまいました。
もう、昔の形で作れる職人さんはいないのでしょうね。

もぅ国鉄時代ではなかったかと思いますが、何度か降り立った駅です。
野沢温泉の旅館が実家だった同期生、学生時代の当時は若い女性がパチンコ屋さんに一人で出入りするのに抵抗感があったのか、博才のない私なのに学校帰りに何度もパチンコに誘われていました。
そんな仲の私と彼女でしたが、卒業後は横浜の新幹線沿線に住んでいて、久しぶりに同期生達に会いに上京した時に皆で彼女の部屋に深夜に帰宅し泊まったのですが、うちは新幹線の騒音が凄いから驚かないように言われて寝入ったのち朝を迎えると、深い眠りから覚めていたその耳に轟音とともに始発の下り列車が通り過ぎ、その衝撃は今だに鮮明に覚えています。

その後、実家に帰った彼女から突然に連絡があり、久しぶりに信州の機関区巡りをしたかったこともあり野沢温泉を初めて訪れたのですが、話しを聞いてみると、当時に好意を寄せていた男性が私の実家近くの出身だったことの恋愛相談でした。
結果的には愛のキューピットにはなれなかった自分ですが、彼女の存在がなければ信州の機関区再訪や飯山線訪問はなかったわけで、あらためて人との縁ほど大切なものはないんだと思う今日この頃です。
もう遠くなってしまった昔の出来事を思い出させていただける f54560zgさんのblogに感謝です。

今年も精力的に配線図巡りの旅を続けられている f54560zgさん。10周年を過ぎ、20周年、30周年と、配線図ファンに夢と希望を与え続けて行かれることを願っております。

3RT生さん、E10さん、あけましておめでとうございます。

>発条転てつ器
個人的には「スマート」になったような気がします。変わらないのは標識部分ぐらいでしょうか。

>私と彼女
拙ブログは今更申し上げるまでもなく機械的で無味乾燥な内容ばかりなのですが、そんな中にあってE10さんのコメントが人と人とのつながりの温かみを吹き込んでいただいているように感じています。ほっこりするコメント、今後もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸狩野沢温泉 2018/8/7:

« 飯山 2017/4/30 | トップページ | 森宮野原 2017/4/30 »

過去の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ