« 小運転線 その4 | トップページ | 北藤岡 2009/10/31 »

2018年5月 9日 (水)

北藤岡配線図

八高線は書類上は倉賀野駅が終点ですが、実態としては北藤岡駅で高崎線と合流する形態となっています。
もともとは信号場だったものがその後八高線にのみホームが設けられて旅客営業が開始されました。ですので八高線側から見れば「駅」なのですが高崎線側から見ると「信号場」ですね。
但し停車場変遷大事典には高崎線の項に北藤岡駅の記載がないのがナゾです。

最初は1958年(昭和33年)3月です。195803
この当時はまだ小野信号場となっており、駅ではありません。

続いて1969年(昭和44年)3月です。
196903
ホームは描かれていませんが、北藤岡駅が開業しています。
信号扱所が描かれていますので、まだ運転要員が配置されていたようですね。

続いて1978年(昭和53年)3月です。
197803
八高線上り列車用の待避線が設けられました。開通待ちによる高崎線列車の遅延が問題になっていたということなのだと思います。

続いて1984年(昭和59年)3月です。
198403
変化はありません。

最後に1993年(平成5年)3月です。
199303r
変化はありません。

書類上の扱いと実態が大きく異なる北藤岡駅ですね。

配線図はT.Mさん及びKASAさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 小運転線 その4 | トップページ | 北藤岡 2009/10/31 »

コメント

こんばんは。
久しぶりに行ったことのある駅が登場して喜んでいるところです。
訪問したのは昭和58年頃で、当時北藤岡ー群馬藤岡間に施行されていた連動閉そくを見ることでした。その時はまだ「連動閉そく機」があるものと思い込んでいて、当務駅長さんにお尋ねしましたが、それはなく「方向てこ」そっくりの黄色いてこがあるだけでがっかり?した思い出があります。外見上は、単線自動(特殊)と変わらないように見えました。
八王子方への出発信号機があったと思いますが、配線図には登場しませんね。高崎線のみ記載してあるのでしょうか。

あの頃は、継電も見せていただけたいい時代でした・・・

当時は高崎線の列車に対しても状態注意(通過監視)を行っていましたね。短いホームの端に直立不動の助役さんの姿を思い出します。

3RT生さん、マニアックな訪問目的ですね(笑)。
配線図は高崎線の線路図なので八高線の信号機は省略されているようです。
私は信号扱所(駅本屋とは別の建屋の)に一度だけ入れてもらったことがあります。

刻苦七十年さん、まさか採時とかはしていないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/66678709

この記事へのトラックバック一覧です: 北藤岡配線図:

« 小運転線 その4 | トップページ | 北藤岡 2009/10/31 »

過去の記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ