« 北藤岡配線図 | トップページ | 品川駅の工事状況(yyoshikawaさんから) その3 »

2018年5月12日 (土)

北藤岡 2009/10/31

2009年10月の北藤岡駅です。

01p1010646_2
・中央が八高線、左が高崎線です。

02p1010648_2
・ホームはカーブしています。

03p1010647_2
・振り返って高崎方です。

以下は7年後の2016年12月3日の撮影です。

04p1120778
・県道13号線の道路橋からです。大宮・八王子方です。信号機は八高線第2場内です。

05p1120783
・高崎方です。

06p1120788
・上り場内信号機です。左は本線場内、右は八高線第1場内です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 北藤岡配線図 | トップページ | 品川駅の工事状況(yyoshikawaさんから) その3 »

コメント

信号場のような駅ですね。
高崎上り線から八高線に別れる中線のような線路にも架線があるのに気づきました。
使うことはないと思うのですが、なぜ張ってあるのでしょうか。

推測ですが、中線に架線が張ってないと、高崎線の電車や機関車が万一異線進入した時に、パンタグラフを壊してしまうからではないでしょうか。

NZさん
ご教示、ありがとうございます。架線もそのような事態を考慮して張られているのですね。

やわやわとまれさん、NZさん
なるほど、そういうことですね。ありがとうございます。

台風19号で八高線神流川鉄橋が、橋脚変位の恐れがある、ということで現在寄居~北藤岡間が運転見合わせとなっていますが、北藤岡で折り返しをしているのでしょうか。
群馬藤岡まで運転すれば随分便利に利用できる、と感じるのですが何か理由があるのでしょうか。
素人の素朴な疑問です。

mantetsuさん
推定ですが、信号設備の関係で、上り列車は群馬藤岡駅の2番線にしか進入することができず、また2番線からは高崎方に進出できないため、群馬藤岡で折り返しを行おうとすると2番線から1番線への入換作業が発生するためでは?

横から失礼します。
私は当地の実状を全く知らないのであくまで勝手な想像ですが、もしかして群馬藤岡~北藤岡間の線路が浸水被害を受けたのではないでしょうか?

群馬県のHPに掲載された河川の洪水による浸水想定区域図を見ると、北藤岡駅の前後の高崎線は「鮎川」の浸水想定区域の北辺をかすめており、そこから南へ分岐した八高線の線路は、危険度の高い低地をもろに横切っています。
https://www.pref.gunma.jp/06/h4010217.html

私の想像が事実と違っていたらお詫び申し上げます。

19日の時点では北藤岡で折り返し運転しておりました。
電光掲示板は「北藤岡」行きを案内していますが、
列車自体はLEDの表示がないせいか「普通」表示で、
高崎行き表示は「高崎」にしています。

高麗川行きを変更しているだけで、
時刻を変えていないため北藤岡でかなり停車してるようです。
なお一部は間引き運転されています。

皆様
詳しいご説明、現状報告等おそれいります。ありがとうございました。
単純に要所の駅まで行くわけにも行かないのですね。人員等の問題もあるのでしょう。
今後も宜しくお願い致します。

MANTETSUさん
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北藤岡 2009/10/31:

« 北藤岡配線図 | トップページ | 品川駅の工事状況(yyoshikawaさんから) その3 »

過去の記事

2020年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ