« 旧淀川 1992/3/28 | トップページ | 貨物列車ネタ10(ナゾの貨物列車) »

2017年10月25日 (水)

貨物列車ネタ9(向きを変える列車) その3

貨物列車ネタの「向きを変える列車」、その3です。

先日の記事でちょっと触れた、竜華操車場でスイッチバックする貨物列車のお話です。

まず最初に、'82貨物j時刻表をもとに作成した、城東貨物線の貨物列車のダイヤをご覧ください。

R1

・貨物時刻表からの作成ですので、細かいところはかなり推定が入っています(汗)。
・これを見てわかるとおり、貨物列車の運転パターンは大きく2つに分かれています。吹田方面と百済駅とをダイレクトに結ぶ直行系の列車と、竜華操を中心に吹田方面、浪速方面、和歌山方面、王寺方面とを結ぶヤード系の列車です。
・ヤード系の貨物列車は全て竜華操始発/終着となっており、竜華操で向きを変えるような列車は存在していません。

その後、1984年(昭和59年)2月のダイヤ改正でヤード系の貨物輸送は廃止され、竜華操も操車場としての役割を終えてしまいます。

この時点でのダイヤを'84貨物時刻表をもとに作成すると以下のようです。

R2

・竜華操での分解・組成作業がなくなったため、竜華操始発/終着となる貨物列車は姿を消しました。しかしながら吹田方面、浪速方面、和歌山方面の貨物列車は竜華操に代わって百済駅始発/終着列車として存続しています(王寺方面の貨物列車は設定がなくなりました)。つまり単純に竜華操での中継作業を百済駅に移しただけのように見えます。直行列車を設定するほどの輸送量がなかったということなのでしょうか。
・百済駅と和歌山方面とを結ぶためには竜華操で列車の向きを変えなければなりませんし、さらに加えて浪速方面への列車に関しても、百済駅が一方向からしか入れない配線構造となっているため、いったん逆方向に出発した後に竜華操でスイッチバックする運転方法がとられることとなりました。
・このスイッチバックする列車たち、ダイヤを見ると8時台で3本、14時台では何と4本が竜華操に並んでいます。どの線路で折り返しを行っていたのでしょう。この時点ではまだ車両基地もありましたので、竜華操の配線がどのようになっていたのかに興味が湧きます。

その後浪速方面の貨物列車は本数が減って直行列車のみに、和歌山方面については貨物列車の設定がなくなってしまい、'86貨物時刻表では竜華操を通る貨物列車が消えてしまいました。これにより竜華操でのスイッチバックも終焉を迎えたわけです。短い期間だったわけですが、もともとそのような暫定的な措置だったのかもしれません。

ところで、先ほど「百済駅は一方向からしか入れない配線構造」と書いたのですが、ちょっと気になることが。
下は43-10貨物時刻表から抜粋したものです。
4310r
・ここに掲げた2871列車、2873列車、2875列車の3本はいずれも吹田操発湊町行きなのですが、百済駅の行に時刻が記載されているんです。普通に考えれば百済駅は「経由しない」ことになると思うのですが、時刻が記載されているということは「停車」するってことですよね。
・記載されている時刻が着時刻なのか発時刻なのかもよくわからないのですが、百済駅~湊町駅間は15分程度と思われることを考えると、おそらくは着時刻ではないかと思います。そうであれば、たとえば2873列車は百済駅で30分程度停車していることになります(天王寺駅で停車している可能性もないとは言えませんが)。

もう一例。'86貨物時刻表からの抜粋です。
6111r
・浪速発梅田行きの1551列車の百済駅の行に時刻が記載されています。この場合はおそらく発時刻ではないかと思うのですが。

以上のように、一方向からしか出入りできないハズの百済駅に反対方向から出入りすると受けとれるような列車が存在しているんです。これは何なんでしょう。

考えられることの一つは、百済駅と平野駅との間で推進運転が行われるケース。でも、理屈としては可能性はありますが、ちょっと現実的ではないような。

もう一つは、時刻表には「百済」と書かれていますが、実際には「平野」の着発時刻が記載されているのであり、百済駅には出入りしていない(入換作業は行われていない)のではないか、ということ。
先の記事でも書きましたが、百済駅と平野駅は一心同体的な気配がありますので、このような記載のされ方があっても不思議はない気がします。ただ入換が行われない、単なる運転停車の時刻を掲載するのか、という疑問は残りますが。

いずれにせよ、もし逆方向からも百済駅に出入りできるのであれば、百済駅~浪速駅間の貨物列車をわざわざ竜華操でスイッチバックさせなくてもよいのでは?と感じてしまいます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 旧淀川 1992/3/28 | トップページ | 貨物列車ネタ10(ナゾの貨物列車) »

コメント

これは多分、平野駅自体貨物的には無いのと同じ扱いなのではないでしょうか?
故に今の言い方なら別所姫貨とか田代鳥貨のように。
時間調整停車は天王寺かと思われます。


これだとJR以降の一種二種線の分離の際どうしたのかなんですよね。
(平野~百済間はJR貨物の一種路線)
JRの際に改めて平野駅から分離扱いしたのか、それ以前から登録されてたのか?
分離されてたなら、竜華まで行って折り返す必要は無かったでしょうし。推進で出発して天王寺方向に行けば済む事です。(百済に用があるなら、推進で突っ込んでからの吹田方向へ。)

失礼しました、分離されてなかったら~でしたね。

90年代だと思うのですが、浪速貨物への列車は、城東貨物線から、関西線を逆走し、百済貨物駅にいったん入った後、平野駅の3番線だと思いますが、推進でもってきて出発していました。ただ、すべての浪速行きがそうだったかどうかはわかりません。また、百済に入る貨物列車は、平野駅3番線で関西線の普通列車や快速列車をやり過ごしてから、百済に入っていました。

ゆかわあきらさん、つさん
百済~平野間の推進運転ってあったんですね。貴重な情報ありがとうございます。

はじめまして
コメント失礼致します。

>「以上のように、一方向からしか出入りできないハズの百済駅に反対方向から出入りすると受けとれるような列車が存在しているんです。これは何なんでしょう。」


平成初期にに城東貨物線、浪速駅等へ短期間乗務しておりました。
記憶がかなり定かではないのですが
当時は「百済平野」と読んでおり運転上同一の駅として取り扱われていた記憶があります。
旅客電車も百済駅で信号取り扱いをしていたような記憶があります。
昭和のことは分からないのですが
平成初期は城東貨物線~平野停車~天王寺へ運転しており帰りはその逆で,
一度百済駅へ入り推進で出てくることはなかったと・・思います。
ちなみ夏場にDD51で百済駅から出発し
関西線の電車と併走中窓を全開にしているためよく風圧で帽子が良く飛ばされそうになりました。
城東貨物線は蛇草や正覚寺での踏み切り直前横断やいたずらが多く平野の逆線運転区間など
気が抜けない線区でした。

何かのお役に立ちましたら幸いです。

元乗務員です。さん
貴重なコメントありがとうございます。
百済駅に推進で出入りしたのかしなかったのか、ますますナゾめいてきましたね。
>気が抜けない線区でした。
私は1992年(平成4年)に現地を訪れましたが、おっしゃるような雰囲気を十二分に感じることができました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貨物列車ネタ9(向きを変える列車) その3:

« 旧淀川 1992/3/28 | トップページ | 貨物列車ネタ10(ナゾの貨物列車) »

過去の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ