« 城東貨物線等配線図 その1 | トップページ | 時間鎖錠 »

2017年9月 3日 (日)

城東貨物線等配線図 その2

城東貨物線およびその周辺の路線の配線図のご紹介、今回は
●1969年(昭和44年)4月の竜華操~吹田操、巽(信)~淀川
●1970年(昭和45年)頃?の八尾~百済
●1975年(昭和50年)頃?の八尾~百済
をご紹介します。

●1969年(昭和44年)4月※
1)竜華操~正覚寺(信)
1969041
・竜華操の上り着発線では6番線が本線になって、湊町方からの進入と吹田方への進出が可能になっています。ただし渡り線が足りないようですが。
・正覚寺(信)は1961年(昭和36年)12月に平野駅に統合されている(停車場変遷大事典による)のですが、ここでは「百済第一」という名称で表現されています。

2)蛇草(信)~放出
1969042
・貨物側線が省略されていると思われますが、変化はないようです。

3)鴫野~巽(信)~淀川
1969043
・鴫野駅の上下線が離れているのが気になります。高架化工事の関係かとも思ったのですが、1962年(昭和37年)には完成しているはずですし・・・。
・出発信号機4RAが記載されていますが、渡り線はありません。多分信号機がオカシイのではないかと。

4)都島(信)~吹田操
1969044
・変化はありません。

●1970年(昭和45年)頃?
1)八尾~加美
1974001
・八尾駅の名古屋方で2番線が1・3番線に合流していますが、列車が2番線を通過することはありません。
・竜華操は本線関係が一通り描かれているのですが、渡り線が描かれていないところがあちこちありそうです。
・中央部の南1~4番線は回送客車列車の出発線、その下の名前が書かれていない2線が到着線ですね。竜華客貨車区に出入りする湊町発着及び阪和線客車列車の回送列車用と思われます。
・阪和着発線も描かれているのですが、これがよくわからないんです。前述の通り線路の記載にアヤシイところがありますので、これについてはまた別の機会に。

2)平野~百済
1974002
・平野駅は「百済(平野)」と表現されています。正覚寺(信)、平野駅、百済駅の関係はよくわからないところがありますね。
・この時点では平野駅は1番線が下り本線です。将来下り本線となる2番線は側線です。

●1975年(昭和50年)頃?
1)八尾~加美
1975001
・竜華操は、本線関係だけですが、だいぶ全体がわかるようになってきましたね。ただし阪和着発線関係は信号機が描かれていないのが残念です。

2)平野~百済
1975002
・平野駅はやはり「百済(平野)」です。
・ホームのない2番線が下り本線となり、1番線が副本線になりました。

配線図はT.Mさん及びKASAさん(※印)よりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 城東貨物線等配線図 その1 | トップページ | 時間鎖錠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/65683871

この記事へのトラックバック一覧です: 城東貨物線等配線図 その2:

« 城東貨物線等配線図 その1 | トップページ | 時間鎖錠 »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ