« ナゾのカタカナ標記 | トップページ | 城東貨物線等配線図 その2 »

2017年8月30日 (水)

城東貨物線等配線図 その1

城東貨物線およびその周辺の路線の配線図を年代ごとにご紹介していきます。具体的な対象区間は、
・竜華操~正覚寺(信)~蛇草(信)~放出~鴫野~巽(信)~都島(信)~吹田操
・巽(信)~淀川
・八尾~竜華操~平野~百済
・竜華操~杉本町
なのですが、断片的なご紹介になってしまうことをご容赦下さい。

今回は、
●1958年(昭和33年)4月の竜華操~吹田操、巽(信)~淀川
●1959年(昭和34年)1月の正覚寺(信)~吹田操、巽(信)~淀川
をご紹介します。

●1958年(昭和33年)4月
1)竜華操~正覚寺(信)
1958041r
・竜華操は上り着発線のみが描かれおり、その他の本線・側線は省略されています。
・湊町方からは上本及び上3~5に進入が可能です。また回送客車到着線への進路(場内信号機1B)もあるようですが、先のほうは省略されています。
・放出方からは上本・上1~3に進入が可能です。
・放出方に出発できるのは上2・3です。
・正覚寺(信)は竜華操~放出方、竜華操~放出方のルートに対しては出発信号機を兼ねる場内信号機のみですが、湊町方~放出方のルートに対しては場内信号機と出発信号機の両方が設備されています。
・正覚寺(信)付近は本線によるデルタ線が形成されていますが、デルタの3頂点は正覚寺(信)×2と竜華操×1ということですね。

2)蛇草(信)~放出
1958042r
・架線が張ってある範囲が表示されていますね。
・城東貨物線には上下の本線、片町線には上下本線と副本線が設けられています。片町線の貨物列車は3番線を使用するのでしょうか。
・この頃すでに電留線が設けられていたんですね。

3)鴫野~巽(信)~淀川
1958043r
・この辺りは線路が入り組んでいますが、貨物線と電車の回送線であるため一般的にはなじみが薄いところですね。
・鴫野駅には2番線から片町・巽(信)方への進路が設けられています。回送電車の出発用でしょうか。
・巽(信)付近のデルタ線は3つの頂点がいずれも巽(信)の所属であり、すなわちデルタ線全体が巽(信)という、珍しい信号場です。
・巽(信)の信号機は基本的には場内信号機のみですが、鴫野方→吹田方のみ出発信号機がありますね。
・淀川駅は1番線が電車、2~4番線が貨物列車の発着用です。架線が張られているのは電車関係の線路だけです。
・京橋駅~淀川駅を結ぶ線路も本線です。回送電車のほか、玉造駅発着の貨物列車が使用していたのではないかと思います。

4)都島(信)~吹田操
1958044r
・特にコメントはありません。

●1959年(昭和34年)1月
1)正覚寺(信)~放出
1959011r
・ちょっと見にくい図で申し訳ありません。特に変化はないようです。

2)鴫野~巽(信)~淀川
1959012r
・鴫野駅の渡り線はちょっと疑問ですね。
・中央下部に吹田貨車区片町派出所の業務の一つなのでしょうか、「片町線各駅の小型電池充電・修理」と書かれています。こういうのも貨車区の業務なんですね。

3)都島(信)~吹田操
1959013r
・こちらも特にコメントはありません。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« ナゾのカタカナ標記 | トップページ | 城東貨物線等配線図 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/65671114

この記事へのトラックバック一覧です: 城東貨物線等配線図 その1:

« ナゾのカタカナ標記 | トップページ | 城東貨物線等配線図 その2 »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ