« 信号機の話 その2 | トップページ | 会津若松 1990/3/10 動画 その3 »

2017年3月 8日 (水)

会津川口 1979/8/7 その2

1979年(昭和54年)8月の会津川口駅の、以前の記事の未公開写真です。

19790807r

0119790807h15
・小出方からです。線路のすぐ脇には只見川が流れています。

0219790807h03
・小出方です。

0319790807h05
・左の線路の先には、

0419790807h071
・転車台です。

0519790807h181

0619790807h16
・空気で転車台を回転させるための装置でしょうか。開閉用のハンドルらしきものもあります。
・ところで、空気で駆動する場合はタービン的なものを使用するのでしょうか。

0719790807h17
・何ともいい感じの車庫です。

0819790807h22
・車庫の傍らには貨車の移動機が。

0919790807h21
・左右の車輪はロッドで連結されています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 信号機の話 その2 | トップページ | 会津若松 1990/3/10 動画 その3 »

コメント

写真の転車台がこの形式かどうかはわかりませんが、日本の転車台で使用されていた空気式駆動装置の代表である「大友式」の動画を見つけました。

https://youtu.be/lAhFZsEBgbk

ちなみに、使用頻度が低くなった現在では手動式になっているようです。

空気で動かすターンテーブルの駆動方法ですが、
機関車の圧縮空気で動かす、というのが
「シーナリィ・ガイド 機芸出版社刊」
に記載されていました。

 空気駆動のこと、実見した物は駆動機のハンドルが転車台支持の円形レールをつかみ、往復運動を伝えて尺取り虫の方式で進んでいました。
 動作音はパシャンパシャンという感じです。

 言葉不足で意味不明になりました。再掲します。

 空気駆動のこと、実見した物は機関車のブレーキホースから空気源を採り、駆動機のピストンの往復運動を転車台支持の円形レールをつかむアームに伝えて、尺取り虫の方式で進んでいました。
 アームは一方向のみレールに力を伝えて反対向きはフリーです。従って後進はできません。動作音はパシャンパシャンという感じです。
 機関車は自動ブレーキ弁を運転位置として空気を供給し単独ブレーキ弁で停止しています。

名無しさん、動画のご紹介ありがとうございます・・・・。衝撃映像ですね。
代表的な方式とのことですが、大変失礼ながら私には「街の発明家作製の試作品」のような印象でした(笑)。
空気の流れならタービンかと思ったのですが、シリンダーなんですね。原理的には蒸気機関車と同じなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/64966832

この記事へのトラックバック一覧です: 会津川口 1979/8/7 その2:

« 信号機の話 その2 | トップページ | 会津若松 1990/3/10 動画 その3 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ