« 会津若松 1987/7/25 動画 その1 | トップページ | 会津若松 1979/8/8 その2 »

2017年1月15日 (日)

会津若松 1987/7/25 動画 その2

1987年(昭和62年)7月25日に会津若松駅で撮影した動画のその2です。

19790808r_2

その1 の記事で、「新津発郡山行きの1226列車の遅れの回復のために会津若松以東を別の車両を使って分離・先発させる対応をとったようだ」といったことを書きましたが、今回はその遅れの張本人、1226列車の到着から出発までの様子をご紹介します。

但し、所定では1226列車は新津発郡山行きですので全部もしくは一部の車両が新津から郡山まで直通するハズなのですが、この日は上記のような対応がとられた結果1226列車の客車が会津若松到着後に郡山に向かうことはありませんでした。

動画のおおよその内容は以下の通りです。

1)7月25日、時刻は13時15分頃です。1番線に1226列車が進入してきますが、所定では会津若松12時13分着/12時40分発ですのでほぼ1時間の遅れです。編成はDD51+50系8両で、いかにも「ハアハア、頑張って走ってきました・・・」感のある止まり方です(笑)。

2)すぐさまDD51の切り離し作業が始まります。駅の放送は「終点会津若松です」と案内していますが、切り離されたDD51が基地に向かう頃には「1番線の列車は12時41分発の・・・」とアナウンスされています。所定では12時41分発の会津若松発新潟行き229列車としてやってきた方向に戻っていくようです。

3)一方、新津・郡山方ではDE10が50系4両を連れ去っていきます。229列車になるのは8両中の4両だけのようです。

4)DE10+50系4両は本線新津方に引上げ、代わって上り引上線に待機していたDD51が近づいてきて連結されます。

5)13時30分頃、約50分遅れて229列車が出発します。サボはなく、行先表示は手書きですね。

相変わらず、
・画質悪
・ノイズ多
・手ブレ大
・構図悪
ですが、ご容赦ください。

https://www.youtube.com/watch?v=oVOZNT4Ssg8

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 会津若松 1987/7/25 動画 その1 | トップページ | 会津若松 1979/8/8 その2 »

コメント

連続でわくわくする映像をありがとうございます。
今はなくなってしまった会津若松の安側線群へ機関車が引き上げている様子を見たのは初めてです。しかも、気動車も留置されています。
安全側線兼留置線という使い方がすごいです。

機関車の切り離し、引き上げ、転線、入換、機関車入線、連結、出発がとても素早くて、感心しました(いまではきっと無理ではないかしら)。
229レ機関車誘導、連結の操車担当さんの連結後のOKを機関士に示す合図が旗を束ねながら行っているのに熟練を感じました。

やわやわとまれさん、少しでも遅れを挽回しようと皆さん一生懸命だったように思います。

 連結OK合図のあと、ブレーキ試験がありますが画面には入っていません。カメラの位置が異なるので移動の間のことでしょうか?

C6217さん、ブレーキ試験は連結~発車の間、撮影位置を変えている間に行われていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/64743050

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松 1987/7/25 動画 その2:

« 会津若松 1987/7/25 動画 その1 | トップページ | 会津若松 1979/8/8 その2 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ