« 会津若松 2005/11/3 その2 | トップページ | 徳沢 1979/7/18 »

2017年1月28日 (土)

熱塩 1979/7/18 その2 ほか

1979年(昭和54年)7月の日中線熱塩駅ほかの未公開写真です。

以前の記事も合わせてご覧ください。

19790718h06
・623列車折り返しの624列車、熱塩発喜多方行きです。

19790718h08
・何もこんなところで・・・、という気もしますが、DE1088の連結器周辺です。

19790718h09

19790718h11
・動き始めた624列車の車内からです。熱塩駅の貨物側線跡です。

19790718h12
・会津加納駅に到着しました。列車の後方、熱塩方です。

19790718h13
・振り返って喜多方方です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 会津若松 2005/11/3 その2 | トップページ | 徳沢 1979/7/18 »

コメント

本来は「以前の記事」にコメントすべきかもしれませんが、熱塩駅の機回り線の喜多方方にあった転轍機は「通票鎖錠装置」付の転轍機で間違いないようです。
大昔は通票を使用する区間の途中から専用線が分岐するような箇所で多用されていたようですが、自動化や専用線自体の廃止などで数を減らし、日中線の廃止時点ですでに国内唯一だったとか。
そもそも、日中線のような盲腸線で最後まで機関車牽引列車が走っていたこと自体異例とも言えますし。
ちなみに、廃止間近の頃に、夕方の便で熱塩へ行き、温泉に一泊して翌日の朝の便で帰ったことがあります。

(追伸)
こちらの動画
https://www.youtube.com/watch?v=TLGuFxNe5lY&feature=youtu.be&t=23m20s
23分20秒あたりから、通票鎖錠装置から通票を取り出す様子が写っています。

名無しさん、貴重な動画のご紹介ありがとうございます。ナルホド、こんな風になっていたんですね。もうちょっとしっかり観察しておけばよかったなぁ・・・。

こんばんは。
喜多方方の転てつ機は列車が進入してくるので、容易に転換できないようしっかり鎖錠しておく必要があったのですね。引き上げ線(車止め)側のポイントは普通のだるま式だったと覚えています。
車両と違って、とても珍しくても見栄えに乏しいので、保存されなかったのだろうなあ。
冬場の機廻し、通票鎖錠装置の取り扱いはとても大変だったろうと思います。

やわやわとまれさん、喜多方寄りは本線上の転てつ器ですから好き勝手に転換できないようにしておく必要があるのだと思います。
この時代にこのような保安設備が存在したこと自体、びっくりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/64797068

この記事へのトラックバック一覧です: 熱塩 1979/7/18 その2 ほか:

« 会津若松 2005/11/3 その2 | トップページ | 徳沢 1979/7/18 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ