« 辰野 1988/8/2 動画 その1 | トップページ | 辰野の貨物列車 1988 »

2016年2月20日 (土)

辰野 1988/8/2 動画 その2

前回の記事で辰野駅での5273列車の到着~入換風景をご紹介しましたが、今回はそれから約1時間後に辰野駅に到着する5275列車の到着~入換の様子です。

1)最初は辰野駅の構内の風景です。上り3番線にはセメントタキ3両、上り4番線には5273列車から解放されたセメントホキ5両、上り5番線には飼料ホキ9両、そのホキに隠れて上り6番線にはEF64が止まっています。さらに上り4番線の名古屋方にはED62が休んでいます。

2)15時42分頃、上片桐発青海行き5275列車が姿を現し、上り1番線に進入します。ED624+セメントタキ6両の編成です。

3)15時44分頃、ED624が切り離されて上り入換線へ引き上げます。

4)ED624はバックして上り3番線に進入します。止まっているセメントタキ3両を連結し、これらを引き連れて再度上り入換線に引き上げます。

5)ED624+セメントタキ3両はバックして上り1番線のセメントタキ6両に連結されます。

6)ED624は切り離されて上り入換線に引き上げ、上り2番線を通って名古屋方の機待線に進入します。

7)15時58分頃、飼料ホキの陰に潜んでいたEF6465がいよいよ出動し、上り6番線から下り入換線に引き上げます。

8)EF6465はバックして上り1番線のセメントタキ9両に連結され、入換作業は終了です。

EF6465+セメントタキ9両はこの後16時17分に5377列車として青海駅に向かって出発します。EF6465は篠ノ井駅までの牽引で、篠ノ井駅~直江津駅間は篠ノ井機関区のEF64重連、直江津駅~青海駅間は富山機関区のEF81の牽引となります。

相変わらず、
・画質悪
・ノイズ多
・手ブレ大
・構図悪
ですが、ご容赦ください。

https://www.youtube.com/watch?v=faogfblU8cU

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 辰野 1988/8/2 動画 その1 | トップページ | 辰野の貨物列車 1988 »

コメント

いつも興味深く拝読させていただいております。
東京西郊に住む者には「青梅」と云えば青梅線の青梅をすぐに思い浮かべますが、上片桐発青梅行きの貨物とはずいぶん珍しいなと感じ、篠ノ井~直江津のくだりで、ずいぶん遠回りをするなと思い、直江津から富山区のEF81の牽引まで読み進めてエエッ!と思い、やっと糸魚川の隣の「青海」だと納得致しました。
東京の青梅もセメントには縁が有りますので、思い込んでしまいましたが、糸魚川駅常備のタキであれば新潟と思うのが普通でしょうか。
母の実家が駒ケ根にあり、飯田線には小学生の頃ずいぶん乗車したはずですが、おぼろげにしか覚えておらず、ここ最近の飯田線特集は特に楽しんでおります。
ありがとうございます。

MANTETSUさん、実際に上片桐発篠ノ井~直江津経由青梅行きの貨物列車があったら楽しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/63048852

この記事へのトラックバック一覧です: 辰野 1988/8/2 動画 その2:

« 辰野 1988/8/2 動画 その1 | トップページ | 辰野の貨物列車 1988 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ