« 新津 2012/9/8 その2 | トップページ | 仙山線 1987/6 動画 »

2015年8月29日 (土)

三角線(デルタ線)

先日のE10さんのコメントの通り、国土地理院の空中写真のURLが変更されてしまいましたので、E10さんをはじめ皆様からいただいた情報をもとに、昔の空中写真で確認できる三角線(デルタ線)の実例について改めて整理してみました。

なお、ここでいう「三角線(デルタ線)」とは、本線ではなく側線によって形成されたものに限定しています。すなわち、大崎駅付近や宇多津駅付近のような事例は除外しています。

●秋田(1962年)
  →画像はこちら
・画像中央下部、扇形庫の右の田んぼの中。1962年(昭和37年)ですが、結構くっきりです。

●平(1947年)
  →画像はこちら
・画像やや上、やや右部。扇形庫の右側。1947年(昭和22年)ですが、線路は敷設されていないようです。撤去されたのか、未成で終わったのか・・・。

●沼尻(1964年)
  →画像はこちら
・2015年9月27日、yyoshikawaさん情報にて追加しました。
・画像やや上、やや右部。小ぶりですのでちょっとわかりづらいかも。

●水戸(1946年)
  →画像はこちら
・一見してわかりますね。やはり線路は敷設されていないように見えますね。

●友部(1946年)
  →画像はこちら
・画面のほぼ真ん中です。
過去の記事も合わせてご覧ください。

●秩父(1974年)
  →画像はこちら
・2015年9月13日、LUNさん情報にて追加しました。
・セメント工場の専用線ですので当初の設置目的は不明ですが、晩年は蒸機の転向に使用された、りっぱな三角線(デルタ線)ですね。

●米原(1947年)
  →画像はこちら
・それらしいものを2か所で見ることができます。
・一つ目は画面やや左、やや下部。きれいなカタチをしています。ホントに機関車の転向のためだけの設備のように見えますね。
・もう一つは画像中央上部。こちらはちょっとわからないところがありますね。下から右上に向かうルートは現在の東海道上り線ではないかと思われ、単純な転向目的の線路ではないのかもしれません。
・いずれにせよ、2つもの三角線が存在するのはスゴイですね。

●吹田(1948年)
  →画像はこちら
・画面ほぼ中央部、扇形庫の右上に確認できます。

●英賀保(1947年)
  →画像はこちら
・画面中央、やや下部。上側に伸びる線路には分岐もありそうで、単純な転向目的だけではなさそうですね。
過去の記事も合わせてご覧ください。

●広島(1946年)
  →画像はこちら
・画面やや右、やや下部。ちょっとわかりづらいです。
・爆心に近い左下部は、ほとんど建物らしきものが見当たりません。

●岩国(1947年)
  →画像はこちら
・画面右上部、変則的なカタチです。
・無数に確認できる黒い丸は爆撃の跡でしょうか。これもスゴイ・・・。

●徳山(1947年)
  →画像はこちら
・画面中央左部、徳山駅からは結構離れています。単純な転向目的に見えますね。

●下関(1947年)
  →画像はこちら
・画面ほぼ中央部にそれらしきものを確認できます。ただ、転向用なのかどうかはちょっと微妙ですね。

●下関(1975年)
  →画像はこちら
・画面中央上部。年代から考えて機関車の転向用とは思えませんが、三角線には違いなさそうですね。

●肥前山口(1948年)
  →画像はこちら
・画面中央上部。これは機関車転向用のように思えます。

上記以外に三角線(デルタ線)をご存知の方がいらっしゃいましたら是非情報をいただきたいと思います。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 新津 2012/9/8 その2 | トップページ | 仙山線 1987/6 動画 »

コメント

 下関の三角線は、上方の下関駅から右方の岸壁線へのルート、左手の画面外にある南風泊漁港へのルート、は納得できますが、下の東西を結ぶルートは目的不明です。機関車転向の目的なら機関区からレールを繋ぐべきで、離れ過ぎて不便です。
 結局???。 

デルタ線と云えば構内のデルタ線と路線間を短絡する為のデルタ線の存在も見逃せません 
 首都圏では武蔵野線関連のデルタ線の存在は見逃せません あたかも高速道路のインターチェンジさながらの様相です 立体交差で線路競合を防いで円滑に運行出来る様配線されております
 田端操車場より常磐線への貨物線もデルタ線の一つで 嘗て初の東北方面特急列車はつかり号は当初44形客車で運用しており毎日方向転換せねばならず尾久操車場よりC62に牽引され尾久操車場と田端操車場間連絡線を通り貨物線を通り墨田川駅に入りバックで上野駅に向かい客扱い後常磐線経由青森へ向かいましたはつかり号は出発時方向転換してたのです
 対して東京発のつばめ号はと号は到着時に品川迄回送後大崎へ其の侭向かい大崎の中線に一旦入線後編成ごとバックで大崎支線を蛇窪へ向かい蛇窪で停車渡り線を渡り品鶴線上り線を品川へ戻りました 昔は本線折り返しを平気でやっていたのです

 戦前の日本地図に中央本線名古屋口に東海道本線熱田方向より中央本線方面への短絡貨物専用支線が有りました中央本線に古渡信号所を設けデルタ線を形成しておりましたが戦前に廃止されました 
 東海道本線梅小路駅と山陰本線丹波口駅間の短絡線もやはりデルタ線を形成しております
 

 又入力ミスしてしまいました申し訳有りません
 さて東海道本線大阪駅の前後には二箇所デルタ線が存在しております 北方貨物線と宮原操車場連絡線です 此のデルタ線で特急つばめ号はと号の方向転換をして居りました 確か大阪に到着後其の儘尼崎迄向い福知山線に入り塚口駅で停車機廻しして尼崎へ戻り東海道本線を大阪へ向かい北方貨物線へ入り宮原操車場へ 次の運用は宮原操車場より西廻りで大阪駅へ向かえば方向転換されました

C6217さん、下関の場合は機関車の転向用、すなわち転車台の代替施設という感じではないですね。でもなぜ三角線なの?という点は疑問のまま残りますが。
yyoshikawaさん、今回は構内のデルタ線に限定しましたが、本線としてのデルタ線もおっしゃる通りいろいろ興味深いですね。特に編成単位での転向に供した事例など。

 構内デルタ線と云えば品鶴線(横須賀線)目黒川蛇窪間及び大崎支線(湘南新宿ライン)大崎蛇窪間山手貨物線目黒川大崎間は現在全て大崎駅の構内扱いですので一応構内デルタ線になるのでは 随分大きな構内ですね

↑大崎デルタは側線ではなく本線ですから。

yyoshikawaさん、通りすがりの・・・さん、表現があいまいでしたね、スミマセン。今回は本線ではなく側線によって形成されたものに限定させてもらいました(汗)。

大変ご無沙汰してます
面白そうな線路話題なので(小難しい信号の話じゃない、殴)

秩父駅はとても立派なデルタ線でしたよ
工場ごとなくなってしまいましたけど…

LUNさん、お久しぶりです。
当初の目的は別にして、晩年は機関車の転向に使われていたようですから立派なデルタ線ですね。記事に追加しておきます。

 有りました秩父駅構内に巨大なデルタ線が 唯私鉄でしたのでコメント避けました
 セメント工場への入出経路を分ける為にデルタ線を設けたのでは 武甲山からの原料の石灰石を積んだ鉱石車(ヲキ)を工場に送り込む線と製品のバラ積カバーホッパー車(ホキタキ)袋詰めセメント車(スムテムテキ)送り出す及びセメント製造過程で必要な石油石炭搬入の為の線何方が如何なのかは工場が無くなったので不明ですがセメント工場をデルタの頂点に設け底辺に秩父駅と貨物ヤードを配した絶妙な配線は中々でした
 秩父駅貨物ヤードの熊谷側隅に倉庫になった木造有蓋車の廃車体(ワclass)が有りましたが今は如何なったのでしょうか御存知のお方居ませんでしょうか

 私鉄に話しを広げると有名なのは沼尻鉄道の沼尻駅に小さなデルタ線が有りました 沼尻駅では機廻し線を省略してデルタ線で列車ごと方向転換空車の無蓋車を硫黄積み込み倉庫へ押し込み硫黄を積み込んだ無蓋車を引き出し列車を組成し出発を毎回繰り返してました其の為常に機関車は同じ向きで列車を牽引してました川桁ではターンテーブルで機関車を毎回方向転換してました
 話は少し逸れますが路面電車では車庫の入出用にデルタ線を敷設しておる所は多々存在してました


 江ノ電極楽寺車庫構内にデルタ線が存在してました戦前の雑誌鐵道に江ノ電納涼電車運転と云う記事が有り極楽寺車庫の配線図も掲載されており
車庫から本線へ合流辺りにデルタ線が存在してました 今でも用地は残ってます

yyoshikawaさん、情報ありがとうございます。沼尻を記事に追加しました。極楽寺はちょっとよくわかりませんでした(汗)。

楽しく見させてもらってます。
wikipedeaにもありましたが、北海道拓殖鉄道の瓜幕駅と中音更駅にありました。

瓜幕駅
http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=724162&isDetail=true

中音更駅
http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=591773&isDetail=true

路面電車の車庫入出部にデルタ線を設ける例は多々存在してました路面電車は基本単行運転ですから一輌毎に方向が反転してても問題無かった
例外は玉電(東急多摩川線)大橋車庫出口にデルタ線が有りましたが玉電は戦後常時連結運転をしてましたので方向を揃える様になり片側は使用されなくなりました
高速電鉄は早い時代から連結運転にシフトした為車庫のデルタ線は殆ど存在してませんでした
例外は名鉄の東枇杷島の構内には貨物列車用に名鉄本線と犬山線とを短絡するデルタ線が有ります

IPさん、情報ありがとうございます。
Wikipedia見ました。デルタ線の「移設」ってあるんですね。
yyoshikawaさん、大橋車庫のデルタ線、昔の空中写真で探してみましたがわかりませんでした(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/62177059

この記事へのトラックバック一覧です: 三角線(デルタ線):

« 新津 2012/9/8 その2 | トップページ | 仙山線 1987/6 動画 »

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ