« 東京~上野間配線図 その1 | トップページ | 東京~上野間配線図 その3 »

2015年4月 4日 (土)

東京~上野間配線図 その2

前回の記事に続いて1957年(昭和32年)3月。

195703r
1956年(昭和31年)11月に山手線・京浜東北線の分離が行われていますので、東京~上野間の線増については一応の完成を見たことになります。

細かいところがわかりづらいので拡大版です。

1957031_2
・前回の1951年(昭和26年)8月時点では上野駅で分岐していた秋葉原線は、この時点では秋葉原~御徒町間で回送線から分岐するようになっています。
・このため分岐部分の回送線には出発信号機を兼ねる場内信号機5及び6が設けられており、5と6の間は秋葉原駅の構内ということになるのだと思います。
・つまり、1951年(昭和26年)8月時点では
11r
という感じで、回送線の運転取扱上は上野駅の次は東京駅だったものが、1957年(昭和32年)3月時点では、
12r
といった具合に、途中に秋葉原駅が新たに設けられた形になるわけですね。
・ただ、連動装置は古そうです。既存の設備を最小限の改修で済ませたということでしょうか。

1957032_2
・秋葉原駅から先は単線ですが、1Lは東京駅の第1場内信号機ですので、正確には東京駅の構内に入ってから単線になる、ということですね。

1957033_2
1957034_2

続いて1958年(昭和33年)3月。

195803r

同様に拡大版です。

1958031

1958032

1958033
・先ほど「場内信号機5と6の間は秋葉原駅の構内と思われる」と書きましたが、そう思う唯一の根拠は上図の5から引き出された「秋葉原場内」の文字ですね。

1958034
・図の様式は違いますが、書かれている内容は1957年(昭和32年)3月時点のものとほとんど一緒ですね。まあ、1年しか経っていませんから(汗)。

次回に続きます。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 東京~上野間配線図 その1 | トップページ | 東京~上野間配線図 その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/61377481

この記事へのトラックバック一覧です: 東京~上野間配線図 その2:

« 東京~上野間配線図 その1 | トップページ | 東京~上野間配線図 その3 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ