« 函南→熱海 2013/5/18 | トップページ | 宇都宮貨物ターミナル 1987/11 動画 その8 »

2013年9月 1日 (日)

熱海→函南 2013/5/18

今回は前回の逆、熱海から函南までの先頭車からの写真です。

01p1070229
・3番線からの出発です。

02p1070230
・???・・・これってひょっとして・・・???

03p1070235
・若干変則パターンですが、まぎれもなく東海道線の得意技「クネクネ」ですね。既存の野中山トンネルを伊東線に転用した結果なんだと思います。

04p1070238
・東海道線用には新たに新野中山トンネルが掘削されています。

05p1070239
・トンネルを抜けると来宮駅です。

06p1070242

07p1070245
・シーサスを通過すると

09p1070246
・両側に線路が分かれます。

10p1070247
・かつては列車の待避が可能だったのですが、

11p1070248

12p1070249
・今では行き止まりになってしまっています。
・そして丹那トンネルに突入です。

13p1070251
・トンネルを抜けると函南駅です。

14p1070253

15p1070256

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 函南→熱海 2013/5/18 | トップページ | 宇都宮貨物ターミナル 1987/11 動画 その8 »

コメント

昨日 伊東線/伊豆急乗りました。
単線なので 途中2分遅れでした。熱海 5分乗換厳しいです。

鉄道をめぐる配線の変化は、時代の波とともに大きく左右されます。 昔の配線と写真の組み合わせは、過去のものとなった現代において、線路マニアには、大変うれしく貴重な資料であります。
今掲載されている写真も、次の駅の構内予測を大いかきたてられ、大変楽しいものです。
駅配線構築の時代に、あたかも自分がたっている気分になり、エキサイティングです。!
これからも更新よろしくお願いします。

「伊東線 の
   「熱海駅の発着番線」は、
その昔は、今とは違う番線」、なのだそう。

「函南」 は、これ、見る限り では
清水駅・焼津駅 と 同じような構造。
「停車ホームの外側 に、
貨物列車が置ける線路 があり」ですよね。

>管理人さん

「185系」踊り子号 も、

「三島駅への乗り入れ」言動 する前 に、
実際には
「函南駅に、やって来るか?」なんですよね。

熱海から1駅ですが、難しい流れ でありますし。

「トンネル手前で、電車留置線が行き止まり」は、

「そこ=被害日本・東海、会社の境界だから」です。

X「被害日本」で
o「東 日本」なので  、パソコンの誤植 です。

以前=30年位前 に、

「来宮神社(御中)」で、
境内の売り子さん に 伺った のですが、
「静岡に行くよりも、
直通がある横浜・東京に出る ほうが多い」です。

其の位 に、実質「神奈川県熱海市」です。

名無しさん
>神奈川県熱海市
まさにおっしゃる通りで(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海→函南 2013/5/18:

« 函南→熱海 2013/5/18 | トップページ | 宇都宮貨物ターミナル 1987/11 動画 その8 »

過去の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ