« 磐田配線図 | トップページ | 磐田駅のナゾ »

2013年5月16日 (木)

磐田 2012/7/21

スミマセン、だいぶ間が空いてしまいましたが、

気を取り直して昨年7月21日の磐田駅の様子です。

01p1060134
・二ノ宮踏切から東京方を望みます。渡り線の残骸が見えます。入換合図器も残っていますね。

02p1060131
・東京方からです。

03p1060109
・ホームに移動します。東京方です。

04p1060105
・その先のほうです。

05p1060107
・線路のクネクネ感はありませんね。

07p1060110
・振り返ります。

06p1060111
・かつての貨物扱い設備は駐車場です。

08p1060103
・上り1番線のホームはかなり短いです。

09p1060102
・このホーム、現在は使われていないようです。

10p1060113
・跨線橋から東京方です。

11p1060095
・反対側、神戸方です。

12p1060097
・ホームに戻ります。

13p1060099
・側線の残され方が微妙です。

15p1060096
・神戸方です。

16p1060098
・同じく神戸方です。やってくるのはローカル列車と貨物列車ばかりです。

17p1060121
・中泉道路橋に移動します。

18p1060118

19p1060125
・神戸方です。専売公社の専用線跡がよくわかります。

20p1060122

21p1060123
・神戸方についても、線路のクネクネ感はありませんね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 磐田配線図 | トップページ | 磐田駅のナゾ »

コメント

 磐田駅周辺随分雰囲気が変りましたね13枚目の駅裏写真の微妙な長さの側線以前は此の先に石油積み降ろし施設と石油タンクが有りましたが今は住宅街に変わり陸橋から神戸方向を写した18番目の右側の専売公社引き込線跡 磐田駅側は一番線にダイレクトに接続していましたが専売公社側は機廻しを兼ねた短い複線軌間が有り其の先専売公社迄の間単線で東海道本線に沿って1km位レールが引かれてました専売公社構内で二股に別れ其の侭敷地の外れで行き止まってました私が友人と此の駅を初めて訪れた時TR20型台車を履いたアルコールタンク車タサ2000が偶々入線しており友人はタサの下に潜り込み台車の写真を撮影してました此の引き込線は少し距離が有ったので専用のスイッチャーを常駐してました専売公社の建物は今も新幹線から確認出来ます 下り引き上げ線の先には其の侭穀物関係の会社の小規模なサイロが有りましたが写真から判断すると全て無くなり住宅に替った様ですね20年位経ると辺りの景色は隔絶の感が有ります

yyoshikawaさん、TR20とかタサ2000とか、磐田駅を訪れた目的は何だったのでしょうか?

 此の時は事前に鉄道雑誌で乗り換え駅での待ち時間の少なく東京大阪間乗り継ぎ普通列車の旅と云う記事を参考に友人と夏休みに東海道本線普通列車の旅に出かけ偶々磐田が面白いと友人が言うのでじゃあ降りて見ようと偶然下車駅の彼方此方を探索して仕舞い結局大阪へは行かず三時間位磐田駅をうろついたのでした

yyoshikawaさんのコメントを普通に読むと、「最初から磐田駅目当てだった」としか思えないのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/56832777

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田 2012/7/21:

« 磐田配線図 | トップページ | 磐田駅のナゾ »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ