« 宝積寺 1987/10/3 動画 その3 | トップページ | 黒磯 1987/8/3 動画 その1 »

2013年3月 1日 (金)

黒磯配線図

東北線を北に進み、今回は黒磯駅です。

(黒磯駅の過去の記事は1985年2002年その12002年その2信号機。)

まずは1958年(昭和33年)3月。

195803
・まだ単線非電化の時代ですので、黒磯駅もただの中間駅です。
・中線が設けられていますが青森方から中線には進入できません。但し中線から東京方への進出は可能ですので、下り列車の待避及び東京方での折り返し用といったところでしょうか。この時代でも黒磯折り返しの列車が設定されていたっぽいですね。
・上り列車用の待避線として上り1番線が設けられていますがこちらにはホームがありませんので旅客列車同士の待避はできません。

続いて1972年(昭和47年)2月。

197202
・1959年(昭和34年)に東京方が直流、青森方が交流で電化され、現在に至るまで日本で唯一の地上切替の交直接続駅となりました。
・東京方に直流機用、青森方には交流機用の機留線群が配置され、3番線と4番線の間に機回り線が設けられていることなど、まさに黒磯駅ならではの特徴ある線路配線です。
・東京方から進入できるのは1~3番線、東京方へ進出できるのは1~6番線です。つまり東京方の直流電車は1~3番線のいずれでも折り返しができます。
・青森方から進入できるのは4~6番線、青森方へ進出できるのは1、2、4、5番線です。つまり青森方の交流電車が折り返せるのは4番線と5番線で、3番線は直流電車の折り返し専用ですね。

続いて1980年(昭和55年)3月。

198003
・ほとんど変化はありません。

直流専用機関車と交流専用機関車の存在が地上切替方式を必要としてきました。私の世代ではEF651000とED75ですね。
機関車牽引列車が激減し、EH500の登場で黒磯駅の地上切替設備もその役割を終えるのかと勝手に思っていたのですが、そうでもなさそうですね。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 宝積寺 1987/10/3 動画 その3 | トップページ | 黒磯 1987/8/3 動画 その1 »

コメント

こんにちは。
黒磯駅に着くと、東北に向かっているのだと実感します。交直切り替えの駅ですが、ご記載のようにこの駅を通り抜ける在来線の列車が、主に貨物列車ばかりになってから、その設備も最盛期に比べれば持て余し気味なのかもしれません。
以前、偶々この駅で、地上切り替えの場面を見たことがありました。
北から到着した貨物列車、パンタグラフを下げた時には盛大にスパークを発生させ、再びパンタを上げて機関車が唸ったと思えば、南へと走って行きました。
今も要衝の駅、冬は寒さに包まれますが、旅の過程に必ず記憶に残る駅です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

風旅記さん、おっしゃる通り黒磯駅に着くと東北の入り口に来たという実感がわきますね。黒磯駅の地上切換設備についてもいろいろ取りざたされているようで、ちょっと寂しさを感じてしまいます。

 東北本線の貨物列車は2017年に全列車が交直形式になると聞きました。
 そうすると黒磯は存在価値が無くなり、さびしい思いがします。写真の建物にもJR貨物黒磯機関区の標記が見えました。
 東北本線の電化が進んで黒磯が交直切換駅として1960年に脚光を浴びたとき、白河機関区が黒磯へ引っ越しとして話題になったことを覚えています。
 蒸機がいなくなる白河機関区にとって黒磯への移転は背水の陣だったのでしょう。当時は白河まで高崎局管内だったので単なる管内移動ですみました。ただし人員は黒磯方面からの通勤が多く、歓迎する人も多かったそうです。
 その黒磯機関区が廃止になれば白河機関区からの伝統も消えるのでしょう。当時を知る者にとって複雑な心境です。

既に黒磯を通る貨物列車は全て交直流機に置き換わり、黒磯での機関車交換と仕業検査は廃止になりました。しかし東京と仙台の中間点である黒磯区は乗務員区として重要な存在なのです。

中の人さま。
  
 現実は想像より進んでいるのですね。そうすると貨物列車は乗務員交代のために停車するのみとなります。現在の黒磯情報をどなたか提供いただけませんか。
 列車体系から合理的に考えると貨物列車の乗務員運用は大宮~郡山が最適となります。JR貨物はこういう合理化をクールに進めていますので黒磯の将来が気にかかった次第です。
 50年前に白河から黒磯へ移転しましたが、これから郡山または大宮への移転が発生すれば運命に翻弄された基地と言わざるを得ません。
 全列車の機関車交換という栄光の地を一度訪れたいと願っています。

C6217さん、中の人さん、黒磯駅での機関車交換は廃止になっていたんですか。合理的とは言え、う~~ん、何とも寂しいことですね。

鉄道図書刊行会発行川上幸義著新日本鐵道史下巻P65に日本鐡道時代或は鐡道院時代のと思われる配線図が掲載されてます(鉄道設計参考図面と記載) 基本的な配線は1958年配線図と略同じですが此の時代黒磯には機関庫が存在していた第二ホーム裏に両方向から進入出来る41ft径(12500㎜径)ターンテーブルと其れに平行して三線の機関庫一棟と石炭置き場が有り此の当時黒磯での機関車交換が行われていた
関東と東北の境ここから白河迄勾配区間が続く関係で黒磯に機関庫を置いたのでしょう
最近は交直両用機が増え交直結分界点としての黒磯の立場は昔程は無くなった 唯ここから東京方面は少なくとも首都圏であり最大10輌編成の電車も来る北は編成輌数も短くなり交流電車となり電車的には今も分界点には違い無いでしょう

yyoshikawaさん、黒磯駅は電化によって運転上の重要な拠点になったものと思っていましたが、電化以前から車両基地が設けられていたんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/56832467

この記事へのトラックバック一覧です: 黒磯配線図:

« 宝積寺 1987/10/3 動画 その3 | トップページ | 黒磯 1987/8/3 動画 その1 »

過去の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ