« 袋井 2012/6/2 | トップページ | 氏家 1987/10/10 動画 »

2013年1月 8日 (火)

氏家配線図

また突拍子もない展開で申し訳ありませんが、今回は東北線の氏家駅です。

まずは1958年(昭和33年)3月。

195803
・この時点では東海道線は全線電化・複線化が完成しているのですが、東北線の氏家駅ではこんな感じでした。単線、腕木信号機、もちろん非電化です。ちょっとあっけにとられるぐらい非近代的だったんですね。
・東北線の大宮~黒磯間の複線化は、宇都宮以南についてはおおむね1910年(明治43年)頃には完成しているのですが以北については1960年(昭和35年)頃の完成で、宇都宮を境に実に50年の隔たりがあります。
・もっともその1960年頃には電化も同時に行われ、一気に近代化が進みます。そういう点では近代化される直前の貴重な姿ですね。

続いて1972年(昭和47年)2月。

197202
・前述の通り一気に変わりました。
・但し転てつ器はすべて現場扱いですね。
・下野煉瓦、前田製管といった専用線が読み取れます。

最後に1980年(昭和55年)3月。

198003
・連動装置は進路選別式になり、主要な転てつ器は動力転てつ器になりました。
・入換標識は一般的な灯列式ではなく線路表示式です。線路名称が「上本」「中」といったものから「1番線」~「7番線」に変更されたのはこの関係なのかもしれません。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 袋井 2012/6/2 | トップページ | 氏家 1987/10/10 動画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/56479607

この記事へのトラックバック一覧です: 氏家配線図:

« 袋井 2012/6/2 | トップページ | 氏家 1987/10/10 動画 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ