« 初狩 1987/11/1 動画 | トップページ | 掛川 2012/6/2 »

2012年11月25日 (日)

掛川配線図

少々寄り道をしましたが、菊川駅の続きで掛川駅です。

まずは1960年(昭和35年)頃。

196000
・二俣線の分岐駅ですが、東海道線側についてはいつものパターンです。
・二俣線は二俣本線のほかにもう1線本線がありますが、それが二俣1番線なのか二俣2番線なのかはこの図からは読み取れません。

続いて1967年(昭和42年)1月。

196701
・継電化されたようで、二俣線関係の信号機も色灯化されました。
・場内信号機のてこ番号9LI及び列車停止標識から判断する限り、少なくとも到着に関しては二俣2番線が本線のようです。出発側は何とも言えませんが。
・二俣1番線と二俣2番線が分岐するあたりには突放入換標識が設けられていますね。

続いて1972年(昭和47年)4月。

197204
・神戸方に渡り線60イ・60ロが設けられましたが、これが何ともビミョーですね。入換標識も設けられていませんので、いったい何のためなのかが正直なところよくわかりません。

続いて1978年(昭和53年)3月。

197803
・転車台が姿を消してしまいました。
・出発側も二俣2番線が本線だったようですね。

続いて1989年(平成元年)2月。

198902
・二俣線が転換され、貨物側線も撤去されてずいぶんと様相が変わりました。それでも線路が繋がっているだけまだマシなのかもしれませんが。
・神戸方の渡り線60イ・60ロは撤去されました。いったい何のための渡り線だったのか、ナゾです。

最後に2003年(平成15年)4月。

200304
・神戸方の渡り線が再度復活しました。今回は上り1番線からの下り出発信号機9Rが設けられていますので、その目的ははっきりしていますね。
・本屋が下り1番線側に移動していますが、これは新幹線の関係でしょうか。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 初狩 1987/11/1 動画 | トップページ | 掛川 2012/6/2 »

コメント

二俣線の「もう一本の本線」は当初からずっと二俣2番線だと思います。
周囲の転てつ機の定位方向の毛羽から判断しますと。

名無し信通区さん、おっしゃる通りのようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/56190628

この記事へのトラックバック一覧です: 掛川配線図:

« 初狩 1987/11/1 動画 | トップページ | 掛川 2012/6/2 »

過去の記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ