« 快速「奥大井」「すまた」号 | トップページ | 菊川配線図 »

2012年10月 6日 (土)

金谷 2012/7/21(ダブルスリップスイッチ その3)

以前こちらの記事でご紹介した、2002年(平成14年)5月26日撮影の小山駅のコレ。

20020526a741

転てつ器を3台しか使っていないと思われるダブルスリップです。

気になって2012年(平成24年)2月19日に改めて見に行ったわけですが、結果見事に撤去されてしまっていて大ショック。その時の記事はこちら

そのうちにそんなことはすっかり忘れてしまっていたわけですが、2012年6月2日の金谷駅の訪問後、家に帰ってから下の写真を見て愕然としました。転てつ器が3台しかないダブルスリップ! 金谷駅にダブルスリップがあることは事前に知っていたのに、何でこの時気づかなかったの?

02p10506031_2

というわけで、7月21日に再度金谷駅を訪問するハメになりました。

金谷駅にはダブルスリップが2つあり、いずれもホームの脇に設置されています。すぐそばで観察できるところがありがたいですね。

まずは神戸方のダブルスリップ。

11p1060075
・間違いなくてっさの転換用に設けられた転てつ器は1台だけです。
・ただこちらの方向からでは細かいところがよく見えないですね。この部分には下りホームがありませんのでこの方向からしか眺めることができません。

続いて東京方のダブルスリップ。

12p1060084
・こちらはバッチリですね。どちらのホームからでも見ることができます。

14p1060091

20p10600921
・前述のこちらの記事で名無し信通区さんより以下のコメントをいただきました。

「転てつ機3台のタイプの真ん中の転てつ機は、転換させるロッド1本で照査するロッドが2本の特殊な転てつ機を使います。高い電気転てつ機の数を減らせるので考えられたみたいですが、調整がとても大変で転換不能の原因になるので、転てつ機4台のタイプにどんどん変えられてきています」

確かに転換させるロッド(動作かん)が1本と照査するロッド(鎖錠かん)が2本あります。

ちなみに普通の転てつ器(同じダブルスリップの東京方の先端軌条部分)の場合は、

21p1060094
の通りで、動作かん、鎖錠かんともに1本づつです。

23p1060079
・2つのてっさ部を連結する部分はこんな感じ。直角クランクが2個使用されています。この部分だけに関して言えば、

24p197808152
と同じようですね(1978年(昭和53年)8月15日長野駅)。

個人的には転てつ器3台使用のダブルスリップを見つけてかなり興奮してしまったわけですが、実際はどうなんでしょう。私が知らないだけで、ひょっとしたら結構あちこちで見ることができるのかも知れませんが(汗)。

ついでに、富士川駅記事でヒデヨシさんからいただいたコメント。

「最近の新しい分岐機のレール間にある赤と緑のものはなにかを表示しているものと思われますがなんなのでしょう?」

コレのことですよね。

31p1060088

32p1060089

33p1060090

個人的にはレスの通り、

「・転てつ器の転換によって回転する。
・先端軌条の開通方向が緑になっている。
ですので、単に先端軌条の開通方向を表示しているのではないかと思っているのですが・・・。」

上の写真を見る限り、この状態から転てつ器を転換すると4枚羽根が上から見て反時計方向に90度回転するのではないかと思うのですが・・・、すみません、結局のところよくわかりませんです(汗)。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 快速「奥大井」「すまた」号 | トップページ | 菊川配線図 »

コメント

>最近の新しい分岐機のレール間にある赤と緑のもの

これは、私の知る限り、JR東海管内の駅でしか見た事がありません。JR西日本管内の駅では、いくら目を凝らして見ても見つかりませんでした。

 東海管内だけ、というのも何かありそうですが、夜、前照灯に照らされて居るのを見ると、先端軌条の開通方向を示している、というのが納得できます。

はじめまして。

これは、夜間に線路封鎖して保線工事を行う場合に、軌道を走る工事用機械のために、分岐器の開通方向を示すものです。
おっしゃるようにJR東海にしかありません。以前、鉄道施設協会誌で、これの改良の話が出ていました。

欧州型鉄道模型メーカーのラインナップには必ずダブルスリップが上がっていますが、大抵、、裏にラックを仕込んだりして、マシン1台で転換しちゃいますが。
とはいえ、固定轍叉だし、直線とカーブの2択、に割り切ってますし…。

例えば、
ttp://feldbahn.de/index.php/Fotos_und_Videos:Signale_DB
ttp://www.sh1.org/eisenbahn/snwn.htm
に進路表示器がでています。

すみもとさん、東でも見かけないような。
yokeさん、そうですか、夜間の工事ようの標識なわけですね。ありがとうございます。誰がこれを見るのかがずっと気になっていました。
bad.Ⅳh-95さん、うわ、またマニアックなサイトのご紹介ありがとうございます。

はじめまして。ROM専門の鉄分過多症ですが・・
こ進路表示器なるもの、確かに東海エリアでよく見ましたが。このブログの1992高槻の写真や草津、京都の写真にも色の面積が少し大きいですが同様のものが幾つか写っている様ですが・・。
西エリアにも所々あるんやなぁと思ったのを思い出しての投稿です。

京都洛西人さん、初めまして。
おおっ、確かにありますね。すみもとさんがいくら目を凝らしても見つからなかったということは、今ではもうなくなっちゃったのでしょうか、それとも・・・。

件のモノですが、近年、私が転轍機をいくら見ても京都府下、滋賀県下、及び北陸線、東海道・山陽線、加古川線では確認できていません。なくなってしまったのでしょうか・・・。

失礼致しました。上記書き込みはすみもとでございます。

 先日13日に京都のヨ○バシの帰りに京都駅をウロウロしましたが、8番線(奈良線、このブログの1992京都当時では13番線)から電留線に至る分岐器(現7番線(同11番線)出発信号機の直ぐ横)に残っています。
 また下り方5番線(同9番線)の内外を分ける分岐器の横のホームの小さな切り欠きの所に(その分岐器のものかは分かりませんが)投げ捨てられてい(るように見え)ます。
 なので、かつては西エリア(含、国鉄時代)にもあったんでしょうが、いまは使われず撤去も面倒でたまたま残っているものと思われます。
 ()だらけで読みにくいですがすみません。

京都洛西人さま
京都駅は私も地元でございます。地元だけに気づいていなかったと思いますので、ちょっとついでに見てみます。

京都洛西人さん、情報ありがとうございます。
ひょっとして東エリアでも実はあったりして・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/55759619

この記事へのトラックバック一覧です: 金谷 2012/7/21(ダブルスリップスイッチ その3):

« 快速「奥大井」「すまた」号 | トップページ | 菊川配線図 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ