« 金谷配線図 | トップページ | 金谷 2012/6/2 その2 »

2012年9月26日 (水)

金谷 2012/6/2 その1

今回は金谷駅の神戸方を中心に。

01p1050605
・牧の原トンネルの上から全体を見下ろします。

02p1050603
・ダブルスリップが見えますが・・・・・何と転てつ器は3個のようです。これについてはまた別の機会に。
・トンネルの切り替えを行ったためと思われますが、線路が結構クネクネしています。

03p10506031
・切り替え前は多分こんな感じではなかったかと思うのですが。

04p1050573
・ホームに移動します。トンネルはすぐ目の前です。
・上り線の坑口の左側に斜めの線が見えますが、おそらくはこれがかつての法面だったのではないでしょうか。
・右側には、

05p1050599
・新トンネル建設の原因となった旧上りトンネルがあります。

06p1050577
・東京方です。

07p1050570
・中1番線の延長線上の引上線、ホントに短いですね。
・ダブルスリップは有効長確保のための苦肉の策でしょうか。

08p1050596
・下りホームからです。

12p1050580
・少しづつ東京方に移動します。

13p1050581
・こちらのダブルスリップも有効長確保のためっぽいですね。
・ただし大井川鉄道との連絡がなくなった現在では撤去されてもおかしくないように思うのですが。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 金谷配線図 | トップページ | 金谷 2012/6/2 その2 »

コメント

あの中線の引上線
架線も一応張ってあるようですが
過走余裕もなく、あまりにも短い
とても機関車などが入れそうに見えないのですが
果たして使われたのでしょうか?
安全側線代わりかな?

使用されなくなった隧道
明治時代の石積みポータル
東海道線にはところどころにありますが
味わい深いです

 切り替え前のかすかな記憶からすると、駅本屋は完全に奥行きの分、下り線側に移設していますね。
 切り替え前のホームは赤い自家用車が止まっている、もう少し山よりでしたから。
 そうすると、上りホームはこだま型が160㌔試験に挑戦した頃の方が、よっぽど真っ直ぐだった、ということですね。

ヒデヨシさん、一応入換標識が設けられていますので安全側線ではなく引上線のようです。どうにか機関車は入れそうですから金谷終着の国鉄貨物列車及び大井川鉄道の貨物列車の牽引機の折り返し用かと思われます。
bad.Ⅳh-95さん、こちらのサイト様の写真を見ると、かなり真っ直ぐですね。
http://www.namikilab.tuat.ac.jp/cgi-bin/ImgDB/getcut?n0056+3-6

「金谷駅 の「標高」 って、
実際、
  静岡県内区間だけ でも
    かなり高い場所」 ですよ。

以前、
「静岡方面に=普通電車に乗る前 に 

「貨物列車」で、
ポイント=島田側から入り→金谷の中線に停車、
上下のJR線のホームには=普通電車 で、

ある程度の時間がたち→
中線→そこから下り線に入る=トンネルに入り、
下っていった」を、
    金谷駅上りホームでも見ています。

なので、
珍しい光景でもない ようですよ。

名無しさん、私も同様の貨物列車を目撃していますので、珍しくはないと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/55753353

この記事へのトラックバック一覧です: 金谷 2012/6/2 その1:

« 金谷配線図 | トップページ | 金谷 2012/6/2 その2 »

過去の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ