« 三線軌の分岐器 その2 | トップページ | 静岡配線図 »

2012年8月13日 (月)

東静岡 2012/6/2

私のような年代の人間にとっては、「東静岡駅」と聞くと東海道線の主要貨物駅のひとつですね。西浜松駅もそうなのですが、時刻表に載っていない「駅」というのは何か神秘的な雰囲気を感じたものです。

それはそれとして、現在の東静岡駅です。

P1050787
・東京方です。

P1050788
・右側の建屋は貨車の検修庫でしょうか。

P1050793
・山側に移動して新幹線をまたぐあたりです。
・甲種輸送列車が通過していきましたが、全く無視です。

P1050794
・結構数多くの保守用車両が止まっています。このテの車両マニアの方もきっといらっしゃるのでは?

P1050797
・振り返って神戸方です。

P1050799
・静岡運転所の電留線が見えます。

P1050803
・ホームに移動しました。東京方です。

P1050805
・ホームの端の頑丈な車止めにぶち当たる線路は、

P1050807
・地底から這い上がってきた(?)線路です。

P1050808
・神戸方です。

Img_0543
・今度は上り電車の前面展望です。間もなく東静岡駅に到着です。

Img_0544
・発車します。

Img_0545
・右隣りの線路が地底めがけて徐々にもぐっていくと、

Img_0546
・静岡貨物駅の上り場内信号機です。

Img_0547
・着発線への線路が分岐して、

Img_0548
・出発信号機を過ぎると

Img_0549
・着発線からの線路が合流し、線路で賑わった景色もこの先は寂しくなります。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 三線軌の分岐器 その2 | トップページ | 静岡配線図 »

コメント

昔は、

静岡~草薙 は、
貨物駅をはさむため に、
かなり 線路自体が離れていました。

その後「東静岡」として再開発 になり、

「グランシップ」建設時 に、
貨物駅が再編され=コンパクト になり、

その跡地 ですか、
広大な面積に「東静岡駅」ができました。

実際、現在の「東静岡」の周辺 に
高校の同級生が住んでいる こと から、
当時、教えてもらいました。

再開発の動き は、昔からあったこと なので。

グランシップ10階東側には展望ラウンジがあり、特に催し物に利用されていなければ、無料で利用できます。1階のエレベーターホールに利用の可否と閉館時間の案内が出ているはずなので、確認してから登ってみてください。
飲み物・軽食の持ち込みは、後片付けさえすれば、特に制限はありません。コーヒーの自販機もあるはずです。
ここからはいろいろと好いものが見られますから。
あと、東静岡駅南口とグランシップの間には再開発工事の途中で発見された古代東海道の跡が保存されています。

写真を撮るのは踏切やホーム、跨線橋ばかりだったのですが、駅周辺の背の高い構造物も要注意ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/55380967

この記事へのトラックバック一覧です: 東静岡 2012/6/2:

« 三線軌の分岐器 その2 | トップページ | 静岡配線図 »

過去の記事

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ