« 高島貨物線配線図 1961/3 | トップページ | 高島駅のダブルスリップスイッチ »

2012年5月27日 (日)

高島貨物線配線図 1967/3

今回は1967年(昭和42年)3月です。

ますは入江駅です。

1196703
・年代ごとの記事にすると各駅の変化が読み取りづらいですね、スミマセン。
・1961年からは大きくは変わっていませんが、細かいところでは、
1)新興支線の信号機が入換信号機に変わっています。列車の運転から構内運転方式に変わったようですね。
2)図の右側にあった「日本フォード?フィード?線」が姿を消しています。

続いて東高島駅に属する旧千若信号場部分。

2196703
・1961年の図に記載されていた瑞穂支線用と思われる出発・場内信号機13L/R、14L/Rが姿を消しています。新興支線の場合と違って入換信号機は記載されていませんので、どのような運転方式になったのでしょうか。
・浦島第三橋梁の左側にあった旧コークス線がなくなっています。

続いて東高島駅の本体部分。

3196703
・ほとんど変化はありません。

続いて高島駅。

41967031

41967032
・東横浜方が複線から単線並列になりました。
・これにより若干の配線変更が行われていますが、全体で見ればごく小規模です。

続いて東横浜駅。

51967031

51967032
・1964年(昭和39年)5月に桜木町~磯子間が延伸され、翌6月に高島~桜木町間の連絡貨物線が開通して高島線から根岸線へ貨物列車が運転されるようになりました。この連絡貨物線工事の関係でしょうか、1962年(昭和37年)1月に高島~東横浜間は単線化されています。東横浜から横浜港方は複線のままです。

続いて横浜港駅。

6196703
・1965年(昭和40年)7月に横浜港~山下埠頭間が開業し、横浜港駅は中間駅となりました。

続いて山下埠頭駅。

7196703
・通称「高島線」と呼ばれる路線は鶴見~横浜港までの区間のようで、開業時期の異なる横浜港~山下埠頭間は山下埠頭線と呼ばれていたようですね。
・比較的新しい駅ですので、構内の配線も他の駅と比べると近代的な感じがします。

続いては支線関係です。
最初は新興駅。

11196703r
・相変わらずです。
・入江駅の項で記しました通り、信号機は入換信号機になっています。

続いて瑞穂駅。

12196703
・1961年3月の記事で書き忘れましたが、瑞穂駅は正式には1958年(昭和33年)5月に廃止されているんですね。実際にはその後も「在日米軍専用線として現存」(停車場変遷大事典)していたようですので、この図にも「東高島(瑞穂)」と書かれている通り東高島駅の構内扱いとされていたのかもしれません。
・ただしwikipediaによれば現在では使用されていないようです。
・信号関係が一切描かれていないのですが、電気鎖錠器付きの転てつてこが数多く見受けられますので何らかの信号機または入換標識が設けられていたのではないかと思います(22や23、24が電気鎖錠器付きというのもちょっとヘンですが)。

続いて横浜市場駅。

13196703
・「駐留軍洗濯線」って何でしょうか?

最後に表高島駅。

14196703
・かなりデフォルメされているようです。実際のカタチは1961年の図を参考にしたほうがよさそうですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 高島貨物線配線図 1961/3 | トップページ | 高島駅のダブルスリップスイッチ »

コメント

第2弾どうもありがとうございます。
横浜市場駅の「駐留軍洗濯線」は、米軍の「横浜ランドリー」という施設が昭和47年1月まであったのでその関係だと思います。ちなみに、旧千若信号場には郵便線という引込線がありますが、これは駐留軍の郵便地区に引き込まれた線路です。記載はありませんが、横浜港駅には駐留軍冷蔵倉庫への引込線(7番)がありました。また、線路とは関係ありませんが、この近くには駐留軍の「ベーカリー」や「ミルクプラント」もありました。
横浜港ー山下埠頭駅間は、「山下臨港線」とも呼ばれています。
高島駅は線路名称が整理されたようで、横浜機関区関係の線路は機1〜8になっていますね。以前の第一炭台なんて趣があっていい感じなのですが。

次回も楽しみにしています。

よこはまみなと駅さん、洗濯線や郵便線についての情報ありがとうございます。米軍冷凍倉庫は次回に登場予定です。(ベーカリ-やミルクプラントは登場しませんが・・・)。

いやあすごい。
80年代の廃線路以降しか知らなかった者です。
全盛期の姿を知りたくてググってましたが、横浜港近辺は物凄いターミナルだったんですね。当時は物流の根幹を支えてたことを考えれば当たり前ですが、具体的な配線図をみせられると圧巻です。貴重な資料ありがとうございました。

とおりがかりさん、このあたり、ホントにすごい一帯だったんですね。鉄道が主役だったことを強く感じさせられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/54810892

この記事へのトラックバック一覧です: 高島貨物線配線図 1967/3:

« 高島貨物線配線図 1961/3 | トップページ | 高島駅のダブルスリップスイッチ »

過去の記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ