« ダブルスリップスイッチ | トップページ | 共和配線図 »

2012年3月17日 (土)

可動K字てっさ

調子に乗って今回は可動K字てっさです。

まず可動部は

K1

の4か所ですが、対となる可動部同士を機械的に連結して、

K2
のように2台の転てつ器で動作させることになると思います。

さらにこれら2台の転てつ器を連動させて

K3
のように1本のてこで取り扱われるのが一般的かと思います。

配線図での記載例を2例ほど。

Photo

左は上沼垂駅(当時)、右は越谷貨物ターミナルです。可動K字てっさの場合、その周辺の転てつ器も含めた3動、4動となる場合が多いように思います。

次に現物です。

201202182
黒磯駅、2012年2月18日です。配線図と同じように2台の転てつ器が使用されています。

06200912122
これは浅野駅、2009年12月12日です。可動K字てっさが2つ並んだ光景は珍しいかと思います。

01197808152
長野駅、1978年8月15日です。これは転てつ器が1台だけですね。つまり、

K4_2
こんな感じで機械的な連結を行うことにより転てつ器を1台だけで済ませています。

03197908303
西明石駅、1979年8月30日です。これも転てつ器は1台っぽいですね。

19790830a062
加古川駅、1979年8月30日です。これも1台のように見えます。

ダブルスリップスイッチの記事での名無し信通区さんのコメントの通り、昔は転てつ器の数を減らすことが重要視されていたものの現在では考え方が変わったのかもしれません。信頼性を上げることが結果としてコスト低減に結びつく、ということでしょうか。

象徴的な例として、

P10102212
盛岡駅、2009年5月9日です。異軌間の場合は豪勢な4台使いですね。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« ダブルスリップスイッチ | トップページ | 共和配線図 »

コメント

 ぅぃきCommonsの鉄道関係画像にもいろいろとありますね。
 またご覧になっても好いかと。

bad.Ⅳh-95さん、ありがとうございます。
路面電車のDSSって結構笑ってしまいました。

 分岐器の中で更に分岐しながら続いている車庫線用のポイントなんて、前衛芸術みたいで、独逸人や仏蘭西人もいい加減なものですが、それにもまして、ブリテン島の住人たちは如何に複雑な分岐器を作れるか、競っているようにしか思えないのが凄いです。

 基本は信号関連なんですが、信号あるところに分岐器有り、でトラックダイアグラムのページがあります。
 笑えるものもあれば、もし錯誤現示や閉塞違反をやらかしたときのことを想像したくないような配線図ものっています。
ttp://www.signalbox.org/index.php
上段のタブ、9が「TrackLayouts」です。

何と言いますか、これがすべてとは思いませんが、立体交差とかって思想はないんでしょうか(笑)。鉄道ピクトリアルの5月号の103ページにもすごい写真がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/54237745

この記事へのトラックバック一覧です: 可動K字てっさ:

« ダブルスリップスイッチ | トップページ | 共和配線図 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ