« 東海道線各駅の配線の特徴 その6 (興津・鷲津)  | トップページ | 東海道線各駅の配線の特徴 その7 »

2011年10月21日 (金)

鷲津 2011/10/8

鷲津駅のことが気になりましたので、ちょっと見に行ってみました(汗)。

01p1030890_2
・神戸方です。
・貨物列車が接近中です。

02p1030891
・振り返ります。

03p1030899
・東京方に移動します。

04p1030900
・振り返ります。
・ホームの上り1番線側にもしっかり停止位置目標や乗車位置の目印があります。

05p1030886
・問題の東京方です。
・下り本線の右側には・・・

06p1030887
・おお~っ、下り1番線の跡がはっきりわかります。

07p1030904
・撤去されてから15年以上は経過しているのですが、つい最近撤去されたかのようにも見えますね。

08p1030911
・下り1番線が下り本線に合流していたあたりです。

09p1030909
・東京方に向かって右へカーブしていって、

10p1030913
・このあたりが下り1番線の分岐か所のようですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 東海道線各駅の配線の特徴 その6 (興津・鷲津)  | トップページ | 東海道線各駅の配線の特徴 その7 »

コメント

配線図では直線なので
現場のこのカーブになっているというのは意外でした
このような位置ですとただの待避線という理由で作られたものとは思えないですね
いったいその正体は何なのでしょうか?

ちょっと気になるのは、1960年の配線図で、下り線から分岐した直後の下り1番線がちょっと海側に膨らんでいること(それ以降の配線図はそうはなっていないのですが)。一番最後の写真を見ても実際にそのような形態であったのではないか思われるのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/53049359

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲津 2011/10/8:

« 東海道線各駅の配線の特徴 その6 (興津・鷲津)  | トップページ | 東海道線各駅の配線の特徴 その7 »

過去の記事

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ