« 関ケ原配線図 | トップページ | 垂井配線図 »

2011年7月24日 (日)

関ケ原 2011/6/18

今年6月18日の関ケ原駅の様子です。

0101p1030716
・なんだかよくわからない写真で申し訳ありませんが、上り場内信号機付近です。

0103p1030717
・少し駅に近づきます。

0201p1030712
・神戸方です。

0203p1030713
・同じく神戸方です。
・右側の上り1番線の線路は草に埋もれています。

0205p1030709
・振り返って東京方です。
・このあたりの上り1番線は草に埋もれてはいませんね。

0302p1030734
・垂井線ホームに移動します。
・昔の下り2・3番線の車止めですね。

0304p1030726
・今度は東海道線ホームです。
・下り本線(3番線)にも停止位置目標や乗車位置の目印が設けられているのですが、どんな列車が使用するのでしょうか。

0305p1030727
・振り返って東京方です。
・この跨線橋、なんともいい雰囲気です。

0401p1030720
・その跨線橋から神戸方です。

0501p1030724
・上り線側には側線が残っています。

0503p1030730
・ホームを東京寄りに移動します。
・昔の東海道線はこのあたりを右方向に進んでいたのでしょうか。

0506p1030728
・東京方です。

0507p1030729
・その先のほうです。
・信号機が4本並んでいます。
・下り本線は10‰で登ってきますが、上り線は20‰で下っていきます。

0510p1030737
・垂井線ホームから東京方です。

0511p1030739
・この2つの信号機が関ケ原駅のポイントですね。

0513p1030738
・垂井本線から分岐する側線ですが、横取装置でなく普通分岐器なのがちょっと不思議。
・何に使用するのでしょうか。

P1030706
・ちょうど下り列車が上り線をまたいでいるところです。
・垂井線は左端に見える架線柱のところを走っています。

例によって私の写真にはほとんど列車や車両が写っていません。そのため乗降客の姿もなく、雨が降っていることも重なってなんとも寂しげな関ケ原駅・・・と思いきや、そんなことはないですね。
幹線らしい長いホームとこれを結ぶ古い跨線橋がしっとりとその存在感を示しており、荘厳な雰囲気を醸し出していました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 関ケ原配線図 | トップページ | 垂井配線図 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/52267668

この記事へのトラックバック一覧です: 関ケ原 2011/6/18:

» 武術家ら甲冑姿で戦国演義 関ケ原で再び「合戦」 [ローカルニュースの旅]
関ケ原合戦の舞台、岐阜県不破郡関ケ原町の歴史や魅力を再発見してもらうイベント「関ケ原戦国演義」が28日、同町関ケ原、笹尾山周辺で開かれた。甲冑を着けた武術家による真剣勝負「ガチ甲冑合戦」が注目を集めたほか、ウオーキングや歌のステージもあり、1000人以上が楽しんだ。... [続きを読む]

« 関ケ原配線図 | トップページ | 垂井配線図 »

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ