« 大阪環状線 1976~1978、1992 | トップページ | 大津~京都付近の路線の変遷 »

2011年3月24日 (木)

阪和線 1976~1978

大阪環状線まで来たついでに1976年(昭和51年)~1978年(昭和53年)の阪和線関係の未公開写真を掲載します。

阪和線関係は過去の記事にも写真があります。

19770315g01
・1977年3月、美章園です。112Dきのくに11号です。
・ちょっとわかりづらいですが、先頭はキハユニ16です。

19760327c01
・1976年3月、杉本町です。単976列車です。

19760327c02
・同じく杉本町で、15Dくろしお4号です。

19760327c03
・同じく杉本町で、970列車です。
・右側に103系が見えますので、中線で対向列車をやり過ごしてからこちら側に渡って来たんだと思います。

19780311e01
・1978年3月、堺市です。

19770315d01
・1977年3月、東岸和田です。1398列車です。

19760327a01
・1976年3月、和歌山です。

19760327a02
・同じく1976年3月、和歌山です。

19770313e01
・1977年3月、和歌山です。
・ヘッドマークの「新快速」の文字がなくなりました。

19770313e02
・同じく 1977年3月、和歌山です。
・ひどい写真ですが、ED608+EF15120です。

19780311d01
・1978年3月、和歌山です。
・ヘッドマークがまた変わりました。

19780311d02
・同じく1978年3月、和歌山です。キハユニ1610+キハ282313+キハ58599です。
・ちょっと記憶があやふやですが、最初の美章園の写真の112Dから切り離された先頭部3両ではなかったかと・・・。

19780311d03
・ 同じく1978年3月、和歌山です。969列車です。

19780311d05
・同じく1978年3月、和歌山です。371列車です。
・竜華操~和歌山操間の貨物列車は列車番号が900代で和歌山操行きが奇数ですが、和歌山操を越えて紀勢線方面に直通する貨物列車は列車番号が300代で竜華操行きが奇数でした。

19780311d06
・同じく1978年3月、和歌山です。
・それにしても和歌山ではそれほど機関車牽引列車は多くなかったと思うのですが、その割にはED60、EF15、EF58、DF50、またこれらの重連など、バラエティに富んだ機関車を見ることができましたね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 大阪環状線 1976~1978、1992 | トップページ | 大津~京都付近の路線の変遷 »

コメント

すべて貴重なお写真でツボに来るものばかりですが
自分的にはキハユニ16が一番惹かれます
冷房付の急行列車に併結されていますが
この頃は荷物専用として客室は使っていなかったんでしょうか?
もちろん私は知りません
荷室は随分狭いですしね

ちなみに紀勢本線反対側の参宮線で急行志摩にキハ30を荷物車代用で連結していたのを撮影しました

私はこのお写真の中ではEF15が一番感慨深いです。
EF15は地味で人気がないと思います。でも阪和線のEF15は大阪ではとても貴重な存在でした。関東・東京方面にお住まいの方は、デッキ付き電機はEF15だけでなく、EF10・11・12・13そして56・57などがあり珍しくなかったと推察します。しかし大阪近郊の東海道・山陽本線からデッキ付き電機は比較的早くに姿を消していたのです。

茨木市在住の1968(昭和43)年から、土曜日は昼食後夕方までよく茨木駅へ列車を見に行きました。当時の東海道本線大阪近郊の貨物列車の主力は、EF60・61・65そしてEH10、また登場間もないEF66が特急貨物列車を颯爽と牽いていました。
そんな中、昼過ぎに茨木に停車する貨物列車が上下一本ずつあり、それを牽いていたのがEF15で、デッキ付きの機関車はそれだけでした。それが黙々と入れ替えをしたあと、やがてゆっくりと発車していく姿をいつも飽きずに眺めていました。そんな私を覚えてくださる機関士さんもおられ、EF15の窓から顔を出して話しかけてもらったり、別の日に茨木を通過する貨物列車を牽引するEF60の窓から手を振ってくださったこともありました。
ところが、やがてそのEF15もEF60に置き換えられてしまい、以後東海道本線大阪近郊でEF15を見なくなりました。
1969(昭和44)年8月末現在の電気機関車運用区間表によると、岡山機関区のEF15が米原操~糸崎間で運用されており、私が見ていたのはそれだったようです。1969年の国鉄車両配置表では岡山にはEF15が21両、EF60が26両の配置があります。それが1971年版ではEF15は消えてEF60が40両とEF65が23両配置となっていて、その間に置き換わったようです。
こうして大阪駅で入換えをしていたEF14を除き大阪近郊の本線からデッキ付きの電機が姿を消しました。

小学校に上がる前までは比較的阪和線に近い所に住んでいましたが、その頃で印象に残っているのは阪和線色の70系やオレンジ色の旧型電車、南紀直通のキハ58の急行で、電気機関車のことは覚えていません。カメラを持って阪和線を訪ねるようになったのは関西本線から蒸機が消えた1973(昭和48)年以降で、その時に懐かしいEF15やそれよりさらに古めかしいEF52、また本線では見られなかったED60・61の姿を見ました。驚いたのは本線では特急列車の先頭に立つEF58が貨物を牽引していたことです。これら異形式の機関車が混在し重連を組むこともあって趣味的にはとても面白かったです。
やがてEF52、ED61が消え、ED60やEF58も末期にはEF60に置換わりましたが、EF15は1986年に阪和線・紀勢本線から電気機関車が消えるまで残っていました。

幸いEF15は大阪近郊では2両保存されています。各地にバラバラに保存されているかつての仲間と、京都の梅小路にできる鉄道博物館に一堂に会する日が来ることを楽しみにしています。

このキハユニ16が連結されるきのくには当時注目されていたように記憶しているのですが、実際の使われ方については私もよく覚えていません(当時の雑誌は持っていますのでそれを調べればわかるのでしょうが・・・)。いずれにせよいくらなでも客扱いは行っていないでしょうね。
阪和線の電気機関車も特殊な面が多かったですね。もともとは鳳所属で、阪和貨物線の開業の頃に竜華に電機基地が設けられて移動したようですが、運用区間が短いためか絶えず寄せ集めの感がありました。ED60の単機とEF58の重連が見れる線区はそうはないと思います(笑)。
ところで鳳の電車や竜華の電機はどういうルートで工場入出場していたんでしょうか。阪和貨物線開通以前は天王寺経由?開通以降は城東貨物線を無動力?今は西九条・梅田経由?
このあたりは長いこと「孤立した電化区間」だったような・・・。

鳳(阪和線)杉本町(阪和貨物線)竜華(関西本線)天王寺(大阪環状線)京橋(淀川貨物線)初代淀川電車区(淀川・城東貨物)吹田
というルートだったかと。

名無しさん、コメントありがとうございます。
天王寺で関西線→大阪環状線がポイントですね。
情報ありがとうございます。

初めてコメントいたします。
トラックバックしましたのでご連絡いたします。

ゴハチ信者さん、コメントありがとうございます。(トラックバックは無条件で公開される場合とそうでない場合があるようで、ゴハチ信者さんの場合は後者でして気づくのに遅れました。スミマセン。)
私もその昔高崎線の客車鈍行にはずいぶんとお世話になりました。ですので、特に高崎第二のEF58に親しみがありますね。

113系の新快速懐かしいです。
当時、堺に住んでいたので鳳まで停まらない新快速にはなかなか乗れなくて悲しい思いをした記憶があります。
9枚目の新快速の文字が無いヘッドマークですが、ヘッドマークの真ん中に丁番があって、ノートようにめくって新快速とそれ以外の運用では赤だけになっていたとおもいます。
たしか天王寺でやっていたのを見た記憶があるんですが、小学校低学年に記憶なので、間違っていたらすみません。

いんてさん、不思議なのはヘッドマークには新快速の文字がないのですが、その上の方向幕に新快速と表示されていることですね。

貴重な写真ばかりで、とても懐かしんでおります。
ところで9枚目の写真は初見です。ヘッドマークに新快速がある(というよりそれしかない)のに、何故幕で新快速表示なんでしょうか?当時鳳在住でしたので、新快速の誕生時から終了時までずーっと利用していましたが、見たことはないですねぇ。蝶番が壊れたのか?
赤帯車の丸い新快速ヘッドマークはよく見ました。赤帯車が間合い使用で新快速運用につく頻度が高くなり、赤帯車誕生後しばらくしてから作られました。
青帯車はでかいヘッドマークを最後まで使用していたと思いますが、一部には丸い新快速ヘッドマークでの運用もあったのですね。通常は天王寺向きしか見ないので、和歌山向きでそのようなことがあったのかもしれません。
ありがとうございました。

hiroさん、おっしゃる通りヘッドマークに不具合でもあってやむなく方向幕で表示しているのかもしれませんね。

昭和38年から平成13年に中国赴任のため日本を離れるまで阪和線沿線に住んでいました。新快速健在のころは、堺市に…、やはり鳳まで止まらない新快速が恨めしかったですね。ということで、話題の裏返しの新快速マークですが、これは間合い運用で快速に充当されるときに中央の「新快速」と書いた円盤部分を裏返して隠していたものです。このときだけは、当時のクイーン、冷房113ブルーライナーに乗れるのでうれしかったです。ただ、堺ではクロスシートに座れないのが残念でした。

のむちゃんさん、コメントありがとうございます。
ただ、ちょっと違うんです。間合いで快速に使用しているのではなく、新快速に充当しているにもかかわらず「新快速」の円盤を隠して方向幕に「新快速」の表示をしているところが不可解なんです・・・。

約40数年前の国鉄天王寺駅での記憶。
学校が終わって友人と夕方、天王寺駅に列車を見に行った時、急行きのくにの先頭に見たことのない形式の車両が連結されていたのを今でもはっきりと記憶しています。行き先も当時は白浜行き又は新宮行きが多いなか珍しく椿行き、もしくは周参見行きだったと思う。後にそれがキハユニ16であることがわかり、やっと阪和線内のキハユニ16の画像と会うことができました。貴重な画像、ありがとうございます。

昔の天王寺駅ファンさん、確かに急行列車の先頭にはちょっと不釣り合いの、印象に残る車両でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/51208905

この記事へのトラックバック一覧です: 阪和線 1976~1978:

» 惜別 113系阪和色車(2) [ゴハチ信者の鉄道写真ブログ]
皆様こんにちは。 このシリーズの2回目です。 今回は高1の時の夏休みに母の実家に阪和線経由で行った際、和歌山駅で撮ったものです。 まずは1枚目です。 1978.8.27 和歌山にて 前回 と比べると7ヶ月の間に ・運転区間が行先表示幕に横1行で表示されている。 ・ヘッドマークが小型化されている。 のがお分かりいただけるかと思います。 天王寺鉄道管理局所属車の手動式行先表示幕は原則として運転区間を表示していました。行先のみ表示の標準的なものだと、終着駅に到着するた..... [続きを読む]

» EF58シリーズ(22) 1978.8.27 EF58 43(宮)→(竜)貸出、40(竜) [ゴハチ信者の鉄道写真ブログ]
皆様こんばんは。 ゴハチシリーズの22回目、飛ばしていた分の最終回5回目です。 惜別 113系阪和色車(2) と併せて撮った分です。 まずは1枚目です。 1978.8.27 12:36頃 969レ EF58 43(竜)貸出+EF58 40(竜)和歌山にて 竜華操車場発和歌山操車場行の貨物列車です。竜華ゴハチ同士の重連で運転されていました。阪和線は大阪府と和歌山県の境界となっている山中渓〜紀伊の雄ノ山越えに25‰の上り勾配が存在するので、貨物列車は原則として重連で運転されていま..... [続きを読む]

« 大阪環状線 1976~1978、1992 | トップページ | 大津~京都付近の路線の変遷 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ