« 西浜松 2010/10/16 その3 | トップページ | 西浜松 2010/10/16 その5 »

2010年11月 6日 (土)

西浜松 2010/10/16 その4

今回は跨線橋Eからの眺めを。

R2006043

01image024
神戸方です。セメントターミナルの専用線付近です。

02image002
例によって跨線橋上を移動していきます。
下り1~3番線付近です。

02image026
下り5~7番線付近です。

04image028
右へ別れて新幹線の下をくぐるのは通路線1区です。

05image002
浜松工場への入出場線との合流ポイントが見えるか見えないか・・・。

06image030
通路線1区は新幹線をくぐり、並行する道路もくぐるのですが、

07image032
道路の下はこんな状態です。水浸しですね。

11image022
今度は反対側、東京方です。
これは旧浜松機関区の検修庫でしょうか。

12image020
旧浜松機関区ですね。廃墟です。
右側の2線には昔は仕業庫があったようです。

1984年(昭和59年)3月時点では、浜松機関区にはEF60が20両、EF58が5両、ED62が16両、DE10が5両、合計46両の機関車が配置されていました。
しかしながら1年後の1985年3月までに、EF60は12両が沼津へ、8両が高崎第二へ、EF58は全機廃車、ED62は10両が篠ノ井へ、5両が沼津へ、1両が廃車、DE10は静岡に転出し、機関車の配置がなくなってしまいました。
浜松機関区といえば「名門機関区 」だと思うのですが、浜松から西浜松に移転して10年経つか経たないかで車両配置がなくなり、今ではこんな状況です。ちょっと悲しい・・・。

13image018
本線の東京方です。
先の跨線橋Dと同じく金網の目が細かく、歩道は片側(こちらは神戸方)のみです。オマケに跨線橋Dよりも交通量が多いし大型車も通る!
跨線橋D以上に忙しいし怖いし恥ずかしい。

14image016
貨物扱所が見えます。

15image010
新幹線が大胆にまたいでいきます。
この跨線橋、在来線をまたぐ新幹線のそのまた上をまたいでいることになりますね。

16image012
その脇にはセメントターミナルの専用線がまだ残されています。

17image002
左側の線路は、かつては自動車基地や倉庫団地に続いていたんだと思われます。

18image014
専用線跡には貨車が放置されています。

※仕事で明日から海外に行きます。
 一週間ほどお休みです(汗)。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 西浜松 2010/10/16 その3 | トップページ | 西浜松 2010/10/16 その5 »

コメント

西浜松の旧セメント専用線にある貨車はタキ1900型のセメント用の貨車です

これはどのような扱いになっているのでしょうか。何で放置?

はじめまして。いつも興味深く拝見しております。
旧浜松機関区の機留線は現在は廃車車両の疎開先として使用されているようです。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/78/0000154478/40/img02d22786zik6zj.jpeg
数年前、313系投入によって余剰となった113系もこの線路に大量に留置されていた覚えがあります。

御岳さん、はじめまして。車両の姿がない線路はさびしいものですが、廃車車両が留置される線路はもっとさびしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/49888220

この記事へのトラックバック一覧です: 西浜松 2010/10/16 その4:

« 西浜松 2010/10/16 その3 | トップページ | 西浜松 2010/10/16 その5 »

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ