« 高崎 2010/6/6 その2 | トップページ | 高崎操車場配線図 »

2010年6月15日 (火)

高崎機関区 2010/6/6

私にとっては高崎第一・第ニ機関区なのですが、今は高崎機関区と高崎車両センターとかいう名称らしいですね。

Image002
高崎駅の大宮寄り、下り第1場内信号機付近です。
陸橋の反対側は、というと、

Image004
こんな感じ。高崎車両センターです。

Image006
一番右が本線(高崎線)です。

Image008
八高線用のDCがいっぱいいます。

Image010
大宮寄りに移動すると、こんなステキな踏切が。
高崎車両センター(写真右側)と高崎機関区(左側)の境界を貫通する道路があるんです。
郡山工場にも構内を横切る踏切がありましたが、同じような雰囲気ですね。

Image012
だから車両基地の内部が結構間近で観察できます。
これは高崎車両センター側。

Image014
この線路の架線は、2つ前の写真の通り道路の上空を横切っています。

Image016
高崎車両センターの検修庫の裏側です。
進入禁止だそうです。

Image018
茶色いDLも見えます。

Image020

Image022

Image024
今度は高崎機関区側。

Image026

Image028

Image030
高崎機関区の検修庫の裏側です。

Image032
あんなものや、

Image034
こんなものも見えます。
この付近に転車台があるらしいのですが、残念ながら見えませんでした。

Image036
さらに大宮寄りに移動します。こちら側が検修庫の「表側」ですね。
それにしても機関車用の検修庫としてはスケールが大きいですね。
小さい頃長野の祖父母の家に遊びに行くときにはこの脇を通るわけなのですが、そのときは窓の外を食い入るように見ていましたね。EF58やEF15に混じってEF62の姿を見つけると、なんとも言えず興奮したのを覚えています。

Image038
大宮方です。
これは仕業庫でしょうか。

Image040
さらに大宮寄りに移動します。
大宮方からです。

Image042

Image044
大宮方です。
一番左側の線は高崎操につながる機走線です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 高崎 2010/6/6 その2 | トップページ | 高崎操車場配線図 »

コメント

今年の4月に<踏み切り>を渡りましたよ。SL庫にD51がいるのは確認できました。現在の石炭置場にC61の庫は新設されるようです。昭和21年製の機関庫にはEH200が進出し全体的にカマが減った感じは否めませんでした。大切にシートで覆われて留置されているEF65535の去就が気になります。

私はほとんど予備知識なしに行ったもので、EF55ぐらいしか気づきませんでした(汗)。でもおっしゃる通り、機関車の少なさにはちょっとびっくりしましたね。

私はほとんど予備知識なしに行ったもので、EF55ぐらいしか気づきませんでした(汗)。でもおっしゃる通り、機関車の少なさにはちょっとびっくりしましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/48639508

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎機関区 2010/6/6:

« 高崎 2010/6/6 その2 | トップページ | 高崎操車場配線図 »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ