« 品川配線図 追加 | トップページ | 転車台 その3 »

2010年3月21日 (日)

新鶴見操車場配線図 追加

品川同様、過去の記事の後にT.Mさんよりそれ以前の年代のものをご提供いただきましたので、それらをまとめて再度記事にします。

まずは1935年3月。

1935031

1935032

1935033

新鶴見操車場はこれより6年ほど前に開業していますが、まだハンプができておらず、発展途上の段階です。なかなか珍しい配線図ですね。

次に1957年3月。

1957031

1957032

1957033

品川方の丸子信号場、JTBの停車場変遷大辞典によれば1950年5月20日開業、同年8月11日より専用線貨物の取り扱いを開始、1957年7月17日廃止となっています。つまりこの4ヶ月後には廃止となったわけです。
下り線にのみ接続する線路が分岐するだけのこの信号場、いったいどのような運転が行なわれていたのでしょうか。
新鶴見操車場は完全な姿となり、品川の機能の移管が完了したようです。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 品川配線図 追加 | トップページ | 転車台 その3 »

コメント

単なるファンが、図を集めても時期はバラバラ、時として部分図や素描に近い略図であったりするのですが、時期が特定でき、その時期の資料が漏れなく広範に『揃っている』というのは、驚嘆至極です。我々の、たまたま雑誌で見付け得た図や工学書の模式図とは全く違い、或る意味現実の精確な描写で、しかも改良や変遷をたどりうることが可能で、よって論を待たず超一級の資料であり、管理局内でこもり内部資料を調べているような錯覚を覚えます。最近盛岡工事局関係を調べていると、管理局解体に伴い、県立図書館等に資料が散逸したとか、という話でした。それに比べて、です。ともかく偉大です。

ホントにすごいです、誇張ではなく。
しかもご紹介しているのは、T.Mさんの所蔵される資料のごく一部ですから・・・・。

1935年配線図未だ本線抱き込み式になっておらず本線と上り入出庫線の平面交差 後何処の機関区見られぬ機関庫のトラバーサー 不完全な操車ヤード等 既に南武鉄道の連絡線は繋がっている 後とは違う配線に興味がそそります 当時品鶴線は未だ電化されておらずD50が品川から貨物列車を牽引山手貨物は9600が貨物列車牽引して居りました 新鶴見から沼津迄はEF10が牽引していた時代ですね

yyshikawaさん、機関庫のトラバーサーには気づきませんでした。暫定的な設備のようですが、そもそもトラバーサーを「暫定的」に使用するということが有り得るの?って感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47870812

この記事へのトラックバック一覧です: 新鶴見操車場配線図 追加:

« 品川配線図 追加 | トップページ | 転車台 その3 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ