« 平塚配線図 | トップページ | 国府津配線図 »

2010年2月28日 (日)

大磯・二宮配線図

大磯・二宮両駅とも小さな駅なのですが、少し変わったところがあったので取り上げました。

まずは1935年3月。

193503

193503_2

何が変わっているかというと、見ての通り貨物用の上下本線が旅客用の本線と複線分岐のような形で分かれているんです。両駅とも。
線路名称は貨物上下本線ですが、通過列車を含むすべての貨物列車がここを通るわけではなく、待避や入換を行なう列車のみが発着するのだとは思いますが。
一般的には上下本線の内側に上下共用の中線を設けたり、もしくは本線の外側に副本線を設ける例が多いので、このような形態は珍しいと思います。
なお、二宮駅の配線図では「湘南軌道」の文字を見ることができます。

次に1967年3月。

196703

基本的には変わっていませんが、大磯駅は貨物側線がほとんどなくなってしまっていますので、この時点では貨物扱いが廃止されてしまっていたかも知れません。
二宮駅も微妙に変わっていますが、貨物営業が行なわれている気配はあります。

続いて1977年10月。

197710

両駅とも貨物扱いは廃止され、また待避機能も不要になったのでしょうか、貨物用の線路は全廃されてしまいました。

最後に1986年3月。

198603

小田原までの客貨分離が行なわれ、旅客線の山側に貨物の複線が新たに設けられました。

大磯駅や二宮駅のような配線は鴨宮駅以遠では見られず、この2駅のみの特徴でした。
想像ですが、近い将来の国府津までの客貨分離(複々線化)の計画があり、これに対する準備としてあらかじめ旅客線と貨物線とを分離した配線にしたのかな、などと思ってしまいます。
もしそうであれば、一時的に貨物線が撤去された時期はありましたが、最終的にはその用地が複々線化の際に有効に活用されたのではないでしょうか。

配線図は一部を除きT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 平塚配線図 | トップページ | 国府津配線図 »

コメント

 はじめまして。配線図、興味深く拝見させていただいています。

 大磯・二宮両駅の副本線の配線についてですが、大磯駅は地形的制約、二宮駅は湘南軌道との接続の利便と推測しています。
 大磯駅の場合、東京方が深い切り通し、大垣方海側が築堤になっていて、さらに本屋に向かって地形が傾斜しており、
本線の両側や内側に分岐を設けるとなると、大幅に本線を曲げるか、かなり大規模な土木工事が必要となるようです。
大垣方山側に割と広めの余地があるので、そこに貨物施設を置くためこのような配線としたのではないでしょうか。

 対して二宮駅の場合、扱い貨物の多くが秦野から湘南軌道で運ばれてくるたばこ葉だった事から、山側に貨物施設が集中しているものと思われます。中線もしくは側線とすると、湘南軌道からの貨物受け渡しがかなり非効率的になるようですので。
もともと山側は畑地が多く、用地の確保もしやすかったのではないでしょうか。

長文ですが僕なりの考察です。失礼しました。

はまさん、コメントありがとうございます。
このあたりははまさんのホームグラウンドでしょうか。
恥ずかしながら私は両駅とも実際に訪問したことがなく、あくまで図面上でしか知りません。はまさんのように身近で観察なさっている方には到底かないません(汗)。

 こちらこそ、西湘貨物の探索時に配線図が非常に役立ちました。
貴重な資料の公開に感謝しています。ありがとうございます。

「300系=のぞみ、開発」の本 での
           昔の写真 ですと、

現在の
「ホームから→改札に
             =石垣のホーム」が、
その昔、
電車特急「富士」と
「新幹線の試験電車」のすれ違い で の、

電車特急「富士」が、通過していた「ホーム」で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47687020

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯・二宮配線図:

« 平塚配線図 | トップページ | 国府津配線図 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ