« 尻手 2009/12/12 | トップページ | 鶴見 2009/12/12 »

2010年2月17日 (水)

鶴見配線図

浜川崎方面への貨物線の開通、横浜羽沢経由の新貨物線の開通など、東海道線の貨物ルートの変遷を語る上では鶴見駅は最も重要な位置にあるように思います。

(1957年以前の配線図はこちら。)

まずは1961年3月。

196103

東海道旅客線と京浜東北線を挟むようにその両側を東海道貨物線と高島貨物線が走っています。短い区間ながら4複線です。
貨物営業が行なわれていますが、貨物側線は高島貨物線側に設けられていますので東海道貨物線にとっては単なる通過駅です。
高島貨物線は上下それぞれに副本線が1本づつ設けられており、上りの副本線は東海道旅客線の下りの副本線と共用になっています。
蒲田や川崎でも貨物営業が行なわれていた関係で東海道旅客線にも貨物列車が走っていたようですが、おそらく鶴見までで、これより横浜側の旅客線には貨物列車は入らなかったのではないかと思われます。このため、東海道旅客線と高島貨物線を結ぶ渡り線が東京寄りに設けられています。
高島貨物線の上り本線及び上り1番線の東京方への出発信号機11A/11B・12A/12Bを見ますと、11B・12Bのほうが上位に描かれていますので、旅客線への進路のほうが「主たる進路」ということになっているんですね。

続いて1967年3月。

196703

細かいところで変化が見られますが、大きくは変わっていません。
高島貨物線上り本線の出発信号機は新鶴見方が「主たる進路」に変わりました。

続いて1977年10月。

197710

1974年10月に貨物取扱が廃止となり、1976年3月には浜川崎方面への貨物線が開業して高島線側の配線は大きく変化しましたが、東海道貨物線には直接の影響はありません。
東京寄りにあった旅客線と貨物線を結ぶ渡り線は撤去され、相互の行き来はできなくなりました。
貨中1~3番線の配線を見ると、新鶴見方と浜川崎方をここ鶴見でスイッチバックで結ぼうという意図が感じられます。尻手経由ならスイッチバックなしで直結なのに、わざわざ鶴見経由にしなければならない理由は何なのでしょうか。

最後に1986年3月。

198603

1979年10月に横浜羽沢経由新貨物線が開通しました。
この新貨物線は高島貨物線側に接続する形態となり、これにより東海道貨物線と浜川崎方面への貨物線が直結され、東海道線の貨物ルートが完成しました。
空いた旧貨物線は1980年10月に横須賀線に転用されています。
横浜寄りに新たに旅客線と貨物線を結ぶ渡り線が設けられ、再び相互の行き来が可能になっています。

配線図は一部を除きT.Mさんよりご提供いただきました。
年表はJTB発行の停車場変遷大事典に基づきます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 尻手 2009/12/12 | トップページ | 鶴見 2009/12/12 »

コメント

品鶴線の開設が昭和4~5年だったと思うのですが、臨海部を走る鶴見~高島駅の開設はそれより以前の大正6年6月だそうで、加えると概ね横浜駅の改良の時期と重なっております。だとすると品鶴線開通までの10数年間横浜港湾方への貨物列車は東海道線鶴見駅から直接高島線方に渡っていたことになります。自身がよく知らなかった古い図版の配線はその姿をおおよそ語っているかのように思えました。こう考えると、保土ヶ谷まで伸びた線を始め、新鶴見操車場から伸びていく貨物線の完成は期を画したことは間違いないでしょう。一つ学ばさせていただき、ありがとうございました。

品鶴線の開業は品川の客操化とも関連して一大プロジェクトだったと思いますし、その品鶴線を横須賀線に転用するのもこれまた一大プロジェクトですね。
高島貨物線は途中の貨物駅がほぼ全滅で、単なるバイパス線になってしまいましたね。

羽田空港が深夜早朝国際線になるでしょう。鶴見区素通りは駄目です。鶴見に駅作れ。無視するな鶴見です。湘南線も鶴見を無視する。横浜で羽田空港が近い鶴見です。鶴見大好きです。

ビエンギさん、川崎←→新川崎の移動のためにも横須賀線に鶴見駅があると便利ですね。

 東海道旅客線には鶴見以西にも貨物列車が一往復有りました下関発の鮮魚専用特急貨物列車確か銀鱗号か飛び魚号かどちらかが品鶴線を経由せず直接東海道旅客線をひたすら走り東京市場へ向かいました 荷卸しが済むと再び来た道を引き返しておりました 一度だけ下関へ戻るのを川崎駅で見た事が有りました 其の時に限りカメラが無かったのは残念です さつそうと高速で川崎駅を通り過ぎるEF66の引くレサ10000 レムフ10000の編成はとても綺麗でした 中々見られぬ佐川電車コンテナと同じ位見るのは難しい列車でした

y yoshikawaさん、貴重な情報ありがとうございます。43-10時点では「とびうお」は品鶴線経由になっていますね。

f54560zgさんの書かれている列車は小さいときに何回か見た覚えがあります。現在は、サンライズ瀬戸が、遅れてくると貨物トンネルを出て品川に行くのを何回か見た事が有ります。また日中でも東海道上り本線にたまに貨物列車が横浜駅ホームを駆け抜けて行きますね。おそらくこの渡線を使い東京貨物ターミナルにに行くのでしょう。一つ教えてもらいたいのですが、以前夜間にEF65-1000が、鶴見・川崎間でロングレールの貨車を引いて京浜東北線を駆け抜けていたのを見た事が有るのですが、どこから入れたのでしょうかご教授下さい。

DEHA1000さん、京浜東北線をEF651000ですか、そんなことがあるんですね。一番可能性が高いのは桜木町ではないか(根岸線から高島線に入らずそのまま京浜東北線へ)と思うのですが、あくまで推定です。また仮にそうだとした場合、北側はどこまで行くのでしょう?

すみません、追記です。今は大宮でも京浜東北線に転線できそうな気が・・・。

f54560zgさんご回答ありがとうございます。
もう10年位になると思いますが、夜間寝苦しく目が覚め窓の方を見たら外が異常に明るく見えました。普段見かけない位置に明かりか夜空に反射して延々と見えたので明かりの方に出かけていきました。広い道を行くとはるか遠くで、ガードマンが照らしている警戒灯が見えたので行きました。そこは東海道線の3複線分線路がある所の踏切で、これから工事をするのでこの場所は荷物の搬入をするのでどいたくださいと言われました。踏切から鶴見方まで300メートル位に作業用の裸電球がまぶしく光ってました。始め線路わきの道路から見ていたのですが、作業員に聞いたら”これから2時間位で東海道貨物線下り方の軌条交換作業を致します”と話してくれました。普段は見られないので、会社も休みなので、見ていく事にしました。作業員一人当たり4本程の枕木受持ちで、レール取り付けねじと金具を外して行きました。そのあとに浜川崎方よりロングレール交換機が移動して行き、順次新レールに変わって行きました。一部の枕木の締結金具を取付けると、トロッコにプロパンのボンベを載せ始めました。隣には見た事も無い形の物に車輪を取り付け、連結してホースを繋げました。係りの人が、たばこに火をつけると思っていたら、この道具に火を着けました。これはバーナートロッコでした。これを数人で押して移動して行きました。この後指揮者の合図で、一斉にレールの表面温度を計り始めました。順番に作業者が、締結レールの締結を始めました。ちょうど作業が終わりかけたころ、踏切の警報機が鳴り始めました。指揮者が、線路閉鎖の確認連絡をしていなかったと大騒ぎになりました。そうしたら鶴見方から2つ目の明かりが、見え始めました。自分も見たのですが、いつもの位置と違ってみるのです。スピードは早そうで減速はしてないみたいですが、軽い警笛を鳴らしました。
EF65-1000が、鶴見・川崎間でロングレールの赤茶色の専用貨車を引いて京浜東北線上り線を駆け抜けて行きました。始めは夢かと思いましたが、時計を見たら3時40分位でした。
こんな色々な事を一編に見れたことはありませんでした。

DEHA1000さん、かなりの貴重な体験ですね。線路の近くにお住まいであったからこそでしょうか。京浜東北線をEF651000が走る場合って、ATSとかどうなっているんでしょう。通常の営業時間外なので特殊な取り扱いなのでしょうか。

f54560zg さん
ご返事誠にありがとうございます。おそらく閉塞の取り扱いは、旅客営業が終了している為、運転取扱指導式による指定区間限定の閉塞警戒取扱運転でしょう。警戒信号速度だと25キロメートルまでとの事ですが今迄見ていると3・40キロメートル位で走行していますね。傍の踏切警報機は、作動しないようにしてありましたので良く判りませんが、この当時は京浜東北線はATS色灯式閉塞信号機扱いでした。
 4・5ヶ月程前に、私鉄鉄道線に他社の車両の定期検査のために、夜間約60キロメートルの距離を移動させるのに、自走回送運転しているのを見ました。この時は半分位で途中の車両基地で、1泊して運行しました。この車はこの鉄道線を1度も、試運転をした事がない車両で、地上側の誘導障害等の恐れがあり、通過中に踏切の誤動作や閉塞信号誤表示等の懸念が有り、たまたま踏切にガードマンがいたのでこれから特別車両が来る事が判り、自分も確りギャラリーとなって見ました。踏切の傍にいた鉄道会社の運転監督者に聞いたところ、夜間通行予定区間を全線1閉塞の取り扱にすれば”陸運の認可が下りるよ。現に新造車両は、車両限界・地上側の誘導障害等の恐れがなげれば、警戒運転扱いで自走回送運転している”との事でした。今回はこの車両は他社線を走っているがCS-ATSは同じなので平常取扱いで運転出来たそうです。空港専用列車は、車長が長いので建築限界オーバーの為陸送扱いにしたそうです。
話が外れましたが、この様な運転取扱方が有るそうです。

DEHA1000さん、なかなか普通は得られないレアな情報ありがとうございます。DEHA1000さんは営業時間外の特殊な列車の運転マニアですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47593245

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見配線図:

» 相鉄、JR、東急直通線(東部方面線)の将来展望(第1回:鶴見駅停車について) [新横浜副都心?羽沢の成長記録(東部方面線情報もあるでよ)]
東部方面線に関する記事をUPしているものの、現時点での状況をお知らせしているのみで、あまり 将来については記載して来ませんでしたが、実現の可能性がありそうな将来の展望等について、 何回かに分けて記載して行こうと思います。 予定ではこんな感じです。  第1回:鶴見駅停車について  第2回:JR直通線の乗り入れ先路線について(羽田・りんかい線方面、東北縦貫線)  第3回:東急直通線の乗り入れ先路線について(東京メトロ、都営地..... [続きを読む]

« 尻手 2009/12/12 | トップページ | 鶴見 2009/12/12 »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ