« 鶴見配線図 | トップページ | 横浜配線図 »

2010年2月19日 (金)

鶴見 2009/12/12

2009年12月12日及び13日の鶴見駅です。

Image002
神戸方です。横浜羽沢駅に向かう貨物線がトンネルに突入するところです。

鶴見駅付近には多くの跨線橋がありますので、線路を眺めるには好都合です。
但しフェンスの網目が細かいのが難点ですね。

Image004
振り返って東京方です。

Image006
東京寄りの跨線橋に移動しました。東京方です。
東海道旅客線及び高島貨物線の場内信号機です。

Image008
さらに東京寄りの跨線橋に移動しました。東京方です。
東海道貨物線と高島貨物線が合流します。

Image010
その隣には旅客線と貨物線間の渡り線があります。

Image012
その先のほうです。

Image014
さらに跨線橋を移動します。
神戸方です。

Image016
その下には踏切もあります。
神戸方です。

Image018
東京方です。

Image020
貨物線の第ニ場内信号機です。

横須賀線、京浜東北線、東海道旅客線、貨物線と、計8本の線路がありますので、なかなか遮断機は上がりません。上がってもすぐに警報機が鳴り出します。踏切から写真を撮るのは結構大変です。

Image022
さらに東京寄りに移動します。ここにも踏切があります。
貨物線の下り第一出発信号機です。

Image024
神戸方です。
上を跨いでいるのは鶴見線です。

Image026
踏切の上の跨線橋から、神戸方です。

Image028
振り返って東京方です。

Image030
鶴見駅の跨線橋に移動して、神戸方です。

Image032
東京方です。

Image034
鶴見駅のホームからです。

Image036
貨中1・2番線の上り出発信号機です。

Image038
東京方です。

Image040
遠くに貨物上り本線と貨中3番線の出発信号機が見えます。
品鶴線のほうが「主」なんですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 鶴見配線図 | トップページ | 横浜配線図 »

コメント

残念ですが、総持寺前踏切道は撤去され、路面もはがされてしまいました。もちろん道路側は,冷たい金網です。隣に陸橋がありますが、昔鶴見駅構内の入れ替えや、そばにあった信号所と先代の陸橋と架線柱とか懐かしいものは、ドンドンなくなっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47610114

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見 2009/12/12:

« 鶴見配線図 | トップページ | 横浜配線図 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ