« 川崎配線図 | トップページ | 塩浜操配線図 »

2010年1月 9日 (土)

東京貨物ターミナル配線図

1973年10月1日開業の汐留に代わる新しい東京の貨物のターミナルです(駅名そのまんまです・・・)。
同時に浜松町~塩浜操間の貨物線も開業していますので、中間駅としての形態です。

いろいろと話題の多い駅だけに、雑誌等に配線図が掲載されることも多かったような気がします。

まずは1977年10月。

1977101

1977102

・汐留方からの複線は駅入口で単線になっています。
・塩浜操方からは、駅入口で上下線が立体交差で逆転して右側通行になっています。これだけ見ると、率直に「なんでわざわざ?」と思ってしまいます。
・構内には「上り本線」はありますが、「下り本線」はありません。従って上り列車は当駅を通過可能ですが、下り列車は通過できません。これも「?」です。
・当駅を通過させたい上り列車がある程度想定されていたと考えると、上記2つの「?」は理解できるように思います。その結果が下り出発列車との支障回避のための立体交差と
通過線の設置、という推定です。但し、この時点では塩浜操を経由して直接東海道線に出るルートが確立できていませんでしたので、どちらかといえば汐留経由で当駅にいたるルートのほうがメインではなかったかと思うのですが。
・着発線は全部で10本、塩浜操方に対してはすべての着発線で進入・進出が可能ですが、汐留方に対しては着発1~5番線の5線に限られます。
・コンテナの荷役線は番号が飛んでいますので、将来の拡張が予定されているのでしょうか。入換標識の番号も飛んでいますが、線路番号とは方向が逆です。
・全体としては、着発線・荷役線・留置線・検修線・機関車関係の線路と、わかりやすい配置になっていますね。

続いて1986年3月。
1980年10月1日に横浜新貨物線が開通してようやく東海道方面との直接接続がされ、本領発揮というところでしょうか。

198603

・下り線にも通過線が設けられました。1977年10月の配線図の塩浜操方の立体交差付近に分岐器らしきものが描かれていますので、当初から予定されていた線路なのでしょうね。
・汐留側に平面交差が残るものの一応の完成形ではないかと思います。

しかしながらこの8か月後の1986年11月1日には汐留駅が廃止となり、実質的にはこの時点で終端駅と化したのではないでしょうか。終端駅になってしまいますと、上下の通過線も塩浜操方の立体交差も意味を失ってしまったように思います。
さらに1987年4月1日には浜松町~当駅間の貨物営業が廃止となりました。浜松町~当駅間については現在も旅客営業休止中の扱いのようで廃止ではないようですが、復活はちょっと難しそうですね。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。
年表はJTB発行の停車場変遷大事典に基づきます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 川崎配線図 | トップページ | 塩浜操配線図 »

コメント

先に触れたRP誌の図版では、上下本線間の空間にそれぞれの着発線と仕訳線群(ベタ塗り)が描かれており、同駅にヤードの機能が持たされ(「母屋」)、現在の東京貨タは謂わば大きな「庇」部分でありました。計画図を見ると、東へトンネルで抜け、京葉線区有明・行徳貨物両駅からデルタを形成し立体交差で越中島貨物駅に繋がっており、貨物を主体とした東京外環状線の面目なのでしょう、全て立体交差。貨物について同ターミナルは、列車における東京駅に比されると思います。多分塩浜方向から京葉地区への直通、常磐線へは武蔵野操車での折り返しを念頭に入れて計画されたのでしょう。されど、トンネルはしっかり転用され、「母屋」は建つことなく、「庇」は十分すぎるほどに…、貨車検修施設も新幹線用に。

上下本線間が妙に開いているのが気になっていたのですが、そういった計画があったわけですか。
武蔵野操のように新築の母屋を早々に取り壊すようなことにならなくてよかったですね。
配線図下方の検修施設の場所は新幹線に取られたようですが、検修施設は上下本線間に移動したようですね。

 嘗て私が中学生の頃でしたか、可也昔の話ですが自宅から自転車で大井の埋め立て地(まだ大井埠頭では有りません)へ行った事が有りました。
 連絡の橋を渡ると当時未だ埋め立ての真最中辺りの様子の異様さ、生ゴミや燃えないゴミ等が10m位の高さ迄山積され蠅はぶんぶん飛ぶは臭い匂いはするはとても人の居る所では無く早々に退散した記憶が有りました其の後再び大井埠頭へ行くと、綺麗な高層住宅や東京貨物ターミナル駅 海上コンテナ埠頭等に変りあの山積ゴミはどこへ行ってしまったのか 配線図と関係無い話を又述べてしまいましたお許し下さい

yyoshikawaさん、いつもコメントありがとうございます。思い浮かんだことをお書きいただければそれで結構かと思います、ハイ。

 東京貨物ターミナルから千葉方面へ向かう筈であったトンネルは現在千葉方面へ向かう方は閉鎖され千葉方向からは東京臨海高速りんかい線の車庫入出庫線に転用されております りんかい線は御承知と思いますが臨海副都心へのアクセス線ですが新木場東雲間のみ高架あとは大崎迄地下線ですので沿線に車庫が設けられる状況では有りません其の為既に工事の済んでいた東京貨物ターミナルへ向かうトンネルを利用して東京貨物ターミナルの隅に車庫を設けました 山科と大崎のコメントでりんかい線を臨海線と記載しましたが平仮名が正しいのです

 新幹線計画時貨物輸送の計画も有りコンテナ電車方式で運行する予定でした
 当時国鉄は大井埠頭に(当時は未だ埋め立て中の時代ですが)貨物操車場を設ける計画が有りその稿内に新幹線用貨物駅を併設する計画が有ったようです因みに静岡は今の静岡貨物ターミナル名古屋は新幹線名古屋電留線大阪は鳥飼基地に併設の計画でした 鳥飼には貨物用の乗り越え高架の一部が現在も残っておるのは御承知通りです 後に東京は東京貨物ターミナルに静岡は保線基地に名古屋は電留線に転用され現在に至っております 新幹線のコンテナ電車は佐川コンテナトレインで漸く実現しました東京貨物ターミナルは佐川電車の東のターミナルなのは何かの因果でしょうか? 

yyoshikawaさん、国鉄貨物輸送に大変革が起きるとなど想定できなかったでしょうから、今になって昔の貨物輸送に関する長期計画を見るとちょっと寂しい気持ちになりますね。

最近購入した弾丸列車計画と云う書籍 戦前計画され一部工事が進められていたが太平洋戦争の激化で中断した広軌弾丸列車の事を纏めた書籍 当時でも東海道山陽両幹線は飽和状態で有り打開策として大陸直通も考慮して広軌(標準軌)で新線を造ろうとした 当時の事旅客は客車列車貨物輸送も含んだ物で何方も蒸気若しくは電気機関車牽引で150~200kn/hで運行する計画でした 弾丸列車計画用地は後に東海道新幹線計画が持ち揚がったおり利用され短期間で開業に持ち込む事ができた 中でも貨物計画において東京側の貨物駅を何処に置くか当時既に用地取得困難な状況であり東京湾埋め立て地に建設する予定であった場所は未だ大井埠頭埋め立て計画は無く埋め立てが始まっていた品川埠頭天王洲勝島平和島羽田の辺りに貨物駅を設け武蔵中原付近へ貨物線を建設弾丸列車用貨物操車場建設新鶴見操車場へ連絡線を設け在来線と弾丸列車線間の貨物積み替えを考えていた様です 戦後新幹線計画の折貨物輸送も考慮しており其のさいは大井埠頭に新幹線用貨物駅とする計画が考慮されていました
東京貨物ターミナルは当初外郭環状線の操車場として計画されたと何かの雑誌に載っていました

yyoshikawaさん、貨物輸送のカタチが大きく変わってしまった現在から見ると理解しづらい面はあるのですが、当時の貨物輸送を重視する考え方が伝わってきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47219488

この記事へのトラックバック一覧です: 東京貨物ターミナル配線図:

« 川崎配線図 | トップページ | 塩浜操配線図 »

過去の記事

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ