« 扇町配線図 | トップページ | 安善・武蔵白石・大川配線図 »

2010年1月21日 (木)

昭和・扇町 2009/12/12

2009年12月12日及び13日の昭和駅~扇町駅です。

Image002
昭和駅に到着直前の扇町行き電車の先頭です。
一瞬右側通行のような錯覚をしてしまいます。
左側の貨物線の信号機は浜川崎駅の第ニ出発信号機です。

Image004
正面の電車線の信号機は扇町駅の第一場内信号機です。
貨物線から左に分岐するのは東亜石油の専用線です。名前は変わりましたがかつての昭和石油の専用線なんでしょうか。
分岐器が専用線側に開通していますね。

Image006
地上側から分岐部分を。

Image008
道路をゆったりと渡っていきます。
右側には昭和駅のホームが見えます。

Image010
昭和駅のホームから浜川崎方です。
信号機は扇町駅の第ニ出発信号機です。先の扇町駅第一場内信号機と背中合わせです。

Image012
扇町方です。
左の貨物線の信号機は扇町駅場内信号機で、背中合わせなのは浜川崎駅の第一場内信号機です。
つまり貨物線はこの信号機を境にして手前側は浜川崎駅構内、向こう側は扇町駅構内ということになるんだと思います。

Image014
昭和駅の扇町方です。
扇町駅の電車線第ニ場内信号機です。

Image016
扇町方からです。
多分昔と変わっていないのではないかと思われる昭和駅です。

Image018
振り返って扇町方です。

Image020
再び扇町行き電車の先頭から。
一旦電車線に合流した貨物線はすぐに右に分かれます。

Image022
有効長の長い貨物着発線の終わりのほうにホームがあります。

Image024
扇町駅ホームから、浜川崎方です。

Image026
終端側です。

Image028
浜川崎方です。
貨車の姿もなく、寂しい構内です。
線路も一部閉鎖されています。

Image030
ホームの終端です。

18p1976050934
これも以前の記事の写真の再掲です。1976年5月9日です。
右側の建物はなくなったようですね。

Image032
電車線の終端です。

20p1976050935
ほとんど変わっていません。

Image034
終端側からです。

Image036
終端側です。
ようやく貨車の姿を見つけました。これは石炭車らしいです。
いまだに石炭輸送が行なわれているんですね。

22p1976050936
1976年の同じ場所です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 扇町配線図 | トップページ | 安善・武蔵白石・大川配線図 »

コメント

はじめまして。私はペーパーレイアウトという
鉄道模型上で、実在する場所を作って再現するブログをしていますアワカツと申します。
よろしくお願いいたします。
素晴しい写真と貴重な資料の数々ですね。
脱帽です。
私は前述の通り、実在する場所(特に鉄橋など)を
なくなってしまいそうなところや手軽に鉄道模型の世界に作ってもっといろいろ楽しみたいと考えて製作してきました。
実物の配置の通りに近づけるのをモットーにしているので、とても参考になります。
これからもちょくちょくと見させていただきますので、これからもよろしくお願いいたします。
私のブログはたいしたことないとは思いますが、良かったら見てください。それでは失礼いたします。

アワカツさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
こんなものでも何かご参考になればうれしく思います。
ブログ拝見しました。スケールの大きさにびっくりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47338150

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和・扇町 2009/12/12:

« 扇町配線図 | トップページ | 安善・武蔵白石・大川配線図 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ