« 浜川崎 2009/12/12 その1 | トップページ | 扇町配線図 »

2010年1月17日 (日)

浜川崎 2009/12/12 その2

今回は浜川崎駅の鶴見線側を中心に。

Image002
扇町方です。

Image004
同じく扇町方です。

Image006
扇町方からです。
扇町方面は3番線、鶴見方面は4番線です。

Image008
鶴見方からです。
塩浜操方面からの貨物短絡線の高架橋が近づいてきて、

Image010
鶴見線を跨いでいきます。
この巨大な遺構を目にすると、個人的にはつくづく「ちょっともったいないんじゃない?」と思ってしまいます。

Image012
鶴見方です。
鶴見線にはいたるところでスリップスイッチを見ることができます。

Image014
鶴見方からです。

Image016
鶴見方の場内信号機です。

Image018
鶴見方です。
画像中央部の遠いところに中継信号機があるのですが、

Image020
なんと進路予告機が設けられています。
ちょっと珍しいかと思います。

Image022
変わって扇町方からです。
電車線と貨物線の単線並列です。

Image024
扇町方の場内信号機です。

Image026
かつての日本鋼管大島工場専用線付近からです。

Image028
続いて扇町行き電車の先頭から。

Image030
浜川崎を出ると単線になります。

Image032

Image034
貨物着発線の脇を通り抜けます。

Image036
ここに第二出発が設けられているのはクロスがあった頃の名残なんでしょうね。

Image038
このあたりにクロスがあったはず。
上を跨ぐ橋のようなところからだと構内がよく見渡せそうなんですが・・・。

Image040
今度は鶴見行きの電車から。

Image042

Image044

Image046
ごめんなさい、これはヒドイ写真ですね。
浜川崎駅から鶴見線弁天橋駅方面に向かう場合、配線図では「安善方」と記載されていますが、信号機の表示は「浅」ですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 浜川崎 2009/12/12 その1 | トップページ | 扇町配線図 »

コメント

f54560zgさん、

その1、その2と、最近の写真を紹介していただきありあがとうございます。特に、信号機の写真を興味深く拝見させていただきました。建植位置によっては、車内からでないとなかなか撮りにくい信号機もありますよね。それにしても、車内で写真を撮るときは、確かに、他の乗客の視線って、気になりますね(笑)。

ところで、進路予告機のついた中継信号ってめずらしいですよね。

総武快速線・下り線が市川駅の手前で江戸川鉄橋を渡るのですが、その鉄橋の手前に中継信号機がありまして、その中継信号機にも、進路予告機がついています。

http://www.youtube.com/watch?v=UKsDg4s-vjw

の7:54あたりです。

この進路予告機ですが、一つ先の信号機は第一閉塞信号機で、その先にある第一場内信号機の進路を予告しているみたいです。ちょっと珍しいなと思い、記憶に残っておりました。

浜川崎の話題からすっかり飛んでしまい失礼しました。

専用線好きさん、すごいですね。
こういう動画があるということをご存知なのもすごいし、その動画の中の、ほとんど気づかずに通り過ぎてしまうような一瞬を捉えていらっしゃるところがすごい!
古い規定ですが、進路予告機は「場内信号機、出発信号機又は閉そく信号機に付属して」とありますので、普通は中継信号機には付属しないはずですよね。大変失礼ながら「鶴見線の場合は何でもアリかな?」と思って納得していたのですが、総武快速線とはオドロキでした。多分、第一閉そくの位置ではトラスが邪魔をしてしまうのかな?なんて思ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/47302787

この記事へのトラックバック一覧です: 浜川崎 2009/12/12 その2:

« 浜川崎 2009/12/12 その1 | トップページ | 扇町配線図 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ