« 西上田 2009/9/27 | トップページ | 小金井 2002/6/9 »

2009年9月30日 (水)

坂城 2009/9/27

この日は西上田駅のほかに坂城駅にも行ってしまいました。
すぐ近くに同じように専用線貨物を取り扱う駅があるわけですから、当然と言えば当然かもしれません。

Image002

Image004

上が2009年9月27日時点、下は1975年頃です。西上田駅と同様、車窓からの描写です。

西上田駅には中線が設けられており、国鉄時代から貨物列車は中線発着だったようですが、坂城駅の場合は中線がなく、貨物列車用に下り1番線が設けられています。
国鉄時代はこの下り1番線には上下両方向の列車が発着できるようになっていましたが、今は篠ノ井方からしか進入・進出ができなくなっていました。
おまけにこの下り1番線、機回りもできない袋小路です。入換用の動車が故障でもしたらお手上げですね。

Image002_2
篠ノ井方です。

Image004_2
すぐ先はトンネルですので、上り場内信号機はトンネルの中でしょうか。

Image006
下り出発信号機です。向こうのほうには下り1番線の出発信号機も。

Image008
篠ノ井方からです。出発信号機からホームまではちょっと距離があります。貨物列車はホームの位置から篠ノ井寄りにずれて停車するのでしょうか。

Image010
篠ノ井方です。

Image012
篠ノ井方です。

Image014
篠ノ井方からです。残念ながら貨車の姿は見えませんでした。
後から知ったのですが、坂城駅に出入りするタンク車は緑色だそうですね。
近くにありながら、西上田駅とは線路配線もタンク車の色も好対照です。

Image016

Image018
篠ノ井方です。

Image020
下り1番線の列車停止標識です。本線はここまでで、この先は側線です。

Image022
軽井沢方からです。

Image024
軽井沢方です。

Image026

Image028
車庫があるのに何で動車が雨ざらしなの?って思っていたら、車庫のシャッターの隙間からトラ塗りがちらっと見えました。もう1台の入換用の動車が入っているようです。そうですよね、故障したら大変ですから。

Image030
軽井沢方です。

Image032
軽井沢方からです。

Image034
軽井沢方です。こちらの引き上げ線は長いですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 西上田 2009/9/27 | トップページ | 小金井 2002/6/9 »

コメント

オイル車は篠ノ井で分けられてしまうのでしょうか。しっかりとした、オイル用設備に驚きました。ついで鋼鉄密着型の一体型桁を初めて拝見しました。うるさくはないのでしょうか。新幹線開業で軽井沢駅まで、切り離された結果、一気に全く関心が皆無になってしまっており・・・私たちにとり反省とともに罪作りのような・・・

貨物列車の運転状況は私もよく知らないんです、すみません。ビデオ撮影に行くときはちゃんと調べてからいかないといけませんね。
構造物もよくわかりません・・・・重ねてすみません。
新幹線開業によって碓氷峠はなくなり、第3セクターに転換され、おっしゃるとおり私も興味が薄れてしまいました。しかし、西上田・坂城と貨物営業を行なっている駅がありますので、この点ではまだまだ気になる線区ではあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/46355851

この記事へのトラックバック一覧です: 坂城 2009/9/27:

« 西上田 2009/9/27 | トップページ | 小金井 2002/6/9 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ